少し気になったyoutubeとインターネットの国境の話

今日のきっかけはここから

エド・シーラン、“Castle On The Hill”の日本語字幕付きミュージック・ビデオが公開に | NME Japan

確かヤフーのトップにこのニュースがあってそれを見たと思うのですが、見つからなかったので元記事のリンクです。

 

別に大したニュースでもなんでもないと思います。Ed sheeranの新曲の日本語字幕付きMVが出たよーっていうそういうお知らせです。ついでに言えばこれは訪日のためのプロモーションの一環みたいですね。

 

その動画はこれです。

www.youtube.comj

面白いことにこの動画って本人名義のチャンネルではなくて、ワーナーミュージックジャパンのチャンネルにアップロードされてること。ほかの洋楽も日本語字幕版はそうみたいです。

ちなみに本家の動画はこちら

www.youtube.comこ

こちらの動画には当然字幕なんかありません。あと英語版にはリリックビデオというか歌詞ビデオもあります。

youtubeには字幕機能があるので、べつに字幕版を作らなくてもそれでいいのでは?と思い記事にしました。TEDとかそうです。多言語対応はめちゃくちゃ進んでて英語をベースにほかの言語も学べそうな勢いの字幕数です。

他で使う用途があるとかで日本語版を用意した理由はわからなくもないですし、ワーナーミュージックジャパンのチャンネルに挙げたのも理解できない訳ではないです。

ただ正確な理由とかあるなら知りたいと思い記事にしました。

少し無理やりな論理かもしれないですが、住んでる場所でインターネットって分断されてる所が最近出てきた気がします。この例みたいに全部ユニバーサルなチャンネルに挙げるのではなくて日本語は日本語って分けるのもその一つだと思います。

また最近驚いたのは米国大統領選のあとにHBOのLast week tonightを見ようとしたらGeoBlockにかかって米国からじゃないと動画が見えない設定になっていたことです。米国のテレビ局は日本と違いチャンネル契約者を増やさないと意味がないので、お客さんになれない人に動画は見せないよ!ってことでしょうか。この件はFacebookでもコメント欄が燃えてました。

そんなこと言ってたらこのブロックは解除されてました。

www.youtube.comこの日だけほとんどフルバージョンだったからそういうのもあるのかな。。

インターネットがあってもみんなが同じ検索をしたら同じ情報にたどり着くというのは意外と難しい時代なのかも?しれません。

 

 

[映像]格安でロケに対応する話をしよう。[GH2]

こんにちは、ふぁんくしょんです。めちゃくちゃ暑いですが何とか生きてます。今日はなんちゃって創り手を続けててその経過と物欲をメモっておきます。

 

f:id:g_function:20160729122548j:plain

現在の主力カメラです。未だにGH2です。まあFHD編集ならこれで十分だったりします。レンズは14-42の二型をつけてます。映像やるなら14-140とか25mm F1.8あたりはほしい所。ボケ味はセンサーサイズ並という印象ですが、映像なら悪くはないです。

ACアダプターも互換品を手に入れたのでカードが無くならないかぎり無限に撮影できます。

 

 互換品なのでヒヤッとしましたが、とりあえず動いてます。6時間位の撮影も無事に走り切ったのでそれなりに信用してます。(ですが常にそうかとはなんとも言えないので怖かったら純正品を)

あと怪しい物としてはSDカードはやたら安い128GBのやつを使ってます。

 

 これもとりあえずは動いてます。こっちはレビューに故障みたいなのもあるので少し不安です。真面目にロケやるときはせめてトランセンドあたりのカード使います。

あと音はZOOMのH1です。これは前記事を書きました。

 

g-function.hatenablog.com

 

 

g-function.hatenablog.com

 講義の録音から外部マイクにまでコスパはかなりいいです。特にRECをカメラと二重にかけられるので音で失敗することが減ります。もうすこし大きい方が扱い易いかな。

三脚はまだ記事にすらなってないですがこれを使ってます。

 

 安さとマンフロットのブランドで買ってみましたが少し後悔してます。なんといっても雲台が使いにくいです。でも積載量はそこそこ多めで満足してます。1万円くらいの中古を買おうか検討中。

 

というわけで、本日はアマチュアながらロケをやる必要が出てきたけど業務機を買うお金はない(もしくは業務機だけ買ってもどうしよう)という時に対する解決策を考える記事です。

とりあえず電源は確保できるのでDC出力の巨大バッテリーとかVマウントバッテリーとかは必要なさそうです。現状やはり不安なのは音関係です。H1でもそこそこ撮れますが、もう少し指向性が欲しかったり、物足りない時があります。手っ取り早く言えばガンマイクを買えば良いのでいろいろ検討しています。

 

 

どちらも中国のBOYAというメーカーの製品です。レビューは悪く無い?のと製品の性能が本当ならめちゃくちゃ安いです。ちゃんとゼンハイザーとかのを買うお金ができるまで良いつなぎになりそう。。

 

TASCAM リニアPCMレコーダー デジタル一眼レフカメラ用 DR-60DMKII

TASCAM リニアPCMレコーダー デジタル一眼レフカメラ用 DR-60DMKII

 

 フィールドレコーダーはこれが割りと定番?なんでしょうか。ミキサーぽい感じは嫌いではないです。

 

 これで全部で5万円くらいでしょうかあとはついでに外部モニターとリグもほしい。。

そんなわけで中古の業務機買うか揺れてる中途半端な話でした。

アマゾンで売っている激安電気ケトルを紹介しよう。【ドリテック電気ケトルレビュー】

こんにちは、ふぁんくしょんです。今日はいつも使っている電気ケトルを紹介します。4月から2ヶ月ほど使用したので感想なども織り交ぜながら、引っ越したけどそういえばケトル買ってなかったって人の参考になれば幸いです。

 

DRETEC (ドリテック) 電気ケトル ラミン ブラック PO-323BK

DRETEC (ドリテック) 電気ケトル ラミン ブラック PO-323BK

 

 今使っているのはこちらです。あっという間に沸くやつじゃなくて格安のやつです。値段が違うとこんな感じってレビューです。

f:id:g_function:20160314092445j:plain

f:id:g_function:20160314092525j:plain

箱と開けた感じです。値段は1000円ちょいのケトルですが梱包とかこの辺りはしっかりしています。どうせ激安が売りなのでフラストレーションフリーパッケージでただのダンボールでも不満はないです。カラフルな箱でもどのみち捨ててしまいますし。。

あとアマゾンなどでスペックシートを比べるとあっという間に沸くやつは1kw超えてますがこれは900wです。この辺りが沸くスピードに関連していると思います。

f:id:g_function:20160515222624j:plain

 

今の様子です。光沢のある黒のプラスチックなのでホコリが目立ってちょっと衛生的じゃないです。よく見れば細かいキズも結構はいってます。実用には何の問題も無いのでこれで良いとは思います。

f:id:g_function:20160515222610j:plain

中はこんな感じです。やや側面がやや厚めのプラスチックで下が金属になっています。

保温性は見た目の割に良く10分とか15分なら普通に温かいです。

この空ける蓋がやや硬いです。

f:id:g_function:20160515222526j:plain

専用の台座がありこれにセットして沸かします。接続部分の耐久性がキモになりそうです。

f:id:g_function:20160515222624j:plain

f:id:g_function:20160515222635j:plain

沸かすときはさっきの台座の上に置いてスイッチを入れます。そうすると写真みたいにオレンジのLEDが何となく付きます。沸くとカチッとスイッチが戻る音がして止まります。ローテクですが必要十分だと思います。

値段の割にちゃんと沸いて使えるので、あっという間に沸かないでいいならこれも選択肢としてはいいと思います。1000円代にしてはかなり使えます。

 

DRETEC (ドリテック) 電気ケトル ラミン ブラック PO-323BK

DRETEC (ドリテック) 電気ケトル ラミン ブラック PO-323BK

 

 

【PCMレコーダー】ZOOM H1を3週間くらい使ったので感想を書きます。【使用レビュー】

こんばんはふぁんくしょんです。今日は以前の記事で紹介したPCMレコーダーZOOMのH1を購入してから3週間ほどフルで使用してきたので紹介したいと思います。

開封レビューは以下の記事からどうぞ。

 

g-function.hatenablog.com

 

f:id:g_function:20160422235624j:plain

用途・使い方について

講義の録音のために購入しました。あとでノートを見ながら聞き直して復習するようです。録音はマニュアルでモニターで聞きながらなんてことは場所的に出来ないのでオートイゲイン任せです。

f:id:g_function:20160415221607j:plain

写真のようにスイッチで録音フォーマットやゲインを変えます。楽といえば楽ですがH2nようにメニューに埋まってたほうが変に変わらなくて安全?なところもあります。一度オートゲインがオフになってて失敗したことが有りました。

総合的に見えればパット見で、確認、修正はできるのでこのタイプも良いかなと思います。

 音質について

これはいいです。携帯で録音するよりは遥かに聞きやすい音が期待できます。講義程度ならMP3でビットレートを落としても十分な品質なので、スマホアプリによくあるようなWAVしか録音できないものより使い勝手がいいです。1万円でスマホの録音機能だけだと少し高いかな?と思うところもありますがハードに録音するとスマホの電池が不安になりますが、これがあればその心配がなくなるのでいいと思います。

 

電池持ちについて

あまり良いとは言えないです。メーカーサイトには単3一本で10時間連続録音と

記載されていますが1時間半くらいできると、6~7時間かなあと思います。あとは電池残量が2本の時に1時間半くらいで急に電池が切れる時がそれなりにあって怖いです。

長時間録音の時はアクセサリーキットを購入して外部電源を供給するようにしたほうがいいと思います。

 

まとめ

1万円という価格を考えると講義録音などを聴きやすく録音したいという時はかなり買いだと思います。操作性は良いとは言えませんがフルオートのMP3からマニュアルのWAVまで対応しているのは大きいです。外部入力などを駆使すれば楽曲制作にも使えそうです。今後は映像用の外部マイクとしても活躍してもらいたいです。

でもDSLRの外部マイクに使うならDR-60がほしい?かもしれません。

 

ZOOM ズーム リニアPCM/ICハンディレコーダー マットブラック H1/MB

ZOOM ズーム リニアPCM/ICハンディレコーダー マットブラック H1/MB

 

 

 

ZOOM H1用アクセサリー・パッケージ APH-1

ZOOM H1用アクセサリー・パッケージ APH-1

 

 

 

TASCAM リニアPCMレコーダー デジタル一眼レフカメラ用 DR-60DMKII

TASCAM リニアPCMレコーダー デジタル一眼レフカメラ用 DR-60DMKII

 

 

 

【PCMレコーダー】ZOOM H1を買いました【購入レビュー】

こんにちはふぁんくしょんです。新生活が始まりいろいろ苦労しながら、なんとか生きてます。今日はそんなわけで講義に必須?なPCMレコーダーを買いました。今回は開封写真中心のレビューです。

使った感想などはまた紹介したいと思います。

 

ZOOM ズーム リニアPCM/ICハンディレコーダー マットブラック H1/MB

ZOOM ズーム リニアPCM/ICハンディレコーダー マットブラック H1/MB

 

 

f:id:g_function:20160415221254j:plain

外側の箱です。箱だけだと語ることはそこまでないので何故PCMをわざわざ購入したか少し書きます。

ICレコーダーで会議などの声を撮るだけならいくらでも安い選択肢があります。そのなかでわざわざ高めのPCMレコーダーを購入したのにはそれなりに理由があります。

  1. マイクの性能がやはりICレコーダーより良い。(あとそうじゃなくてもマイクが目立つの格好いい)半分見た目ですが目立つのにはそれなりに理由があるので見た目は大事?です。
  2. Line OutとINが付いているのでモニターしながら撮ったり外部の卓の録音に使える。値段の割に本格的な映像制作とかの戦力になります。
  3. 一眼の外部マイクに使ってあとでこれで撮ったWAVで編集とかができる。
  4. 前使ったことのあるひとつ上のH2nがかなりよかった。

 

ZOOM ズーム リニアPCM/ICハンディレコーダー  H2n

ZOOM ズーム リニアPCM/ICハンディレコーダー H2n

 

PCMレコーダーを買うとすればだいたいタスカムかZOOMになると思います。最下位モデルだと今回購入したこれが最安?でしょうか。ヤマハのとかもありますがメジャーなのはこの2メーカーという印象です。

ちなみにH2nは360度録音とかもあの値段でできる脅威の性能です。ビットレート以外をPCMレコーダーに求めるなら試す価値はあると思います。

さて話がそれました。中身をあけてみましょう。

f:id:g_function:20160415221330j:plain

中身です。本体テスト用電池。マイクロSDカード(2GBクラス6)。取説類が入っていました。個人的にUSBケーブルを入れてくれないのがZOOMはあまり好きではないです。。アクセサリーパック買えってことだと思います。。

f:id:g_function:20160415221543j:plain

本体は全部プラスチックで軽いです。マット系なので安っぽくは無いかな?本当に必要最低限な機能な印象です。ゲインの調節などもダイヤルではなくボタン方式だったりして上位モデルとの差を感じます。値段も倍違うのでこんなものかな?

f:id:g_function:20160415221607j:plain

裏面です。録音フォーマットやオートゲインなどはここのボタンで切り替えます。H2nはソフトのメニュー操作でしたっけ?(ごめんなさい忘れました。)

単三電池一本で駆動します。

f:id:g_function:20160415222932j:plain

以前紹介したマンフロットのPIXIに載せてみました。いい感じに決まります。サイズ感的にもいいかも。使うときはリグの上の載ってるかもっと大型の三脚に載せていると思うのであまりこういう使い方はしないと思います。USBマイク機能もあるので、スカイプ用のマイクとか生放送を高音質でやるときにはこういったミニ三脚の上に載せて使うのもいいと思います。

 

ZOOM ズーム リニアPCM/ICハンディレコーダー マットブラック H1/MB

ZOOM ズーム リニアPCM/ICハンディレコーダー マットブラック H1/MB

 

 

使用感などは次のレビューで。

 

g-function.hatenablog.com