読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あけぼの号の廃止について思うこと(Part2・在来線の変化編)

G_siemens 鉄道

 前回のPart2から続くあけぼの号廃止に関するシリーズ。今回は在来線の在り方の変化について取り上げます。

交通機関の主軸は

 前回の記事の最後で挙げたように、旅客鉄道の主軸は新幹線に移ってきています。それにともなって、在来線の在り方が変わってきています。

 新幹線が開業するまでは、東京や大阪などの大都市を中心として、網目状に特急列車や急行列車が走っていました。植物の根で例えるとひげ根のようになっています。

 それに対し、今の鉄道の主軸は新幹線です。1964年に東海道新幹線が開通してから、山陽新幹線、東北新幹線などの主要な都市を結ぶ新幹線が続々と開業していきました。記憶に新しいところでは、九州新幹線博多〜新八代間の開業です。これにより東京から鹿児島まで、新幹線で行けるようになりました。(途中で乗り換えは必要)

 そしてその新幹線に接続するように特急列車や普通列車できめ細かく地方都市を結んでいます。植物の根で例えると主根と側根の関係です。そしてJRは主根となる長距離輸送を完全に新幹線にシフトしようとしています。その影響であけぼのや他の寝台列車が廃止されていっていると思われます。

 まもなく北陸新幹線長野〜金沢間、北海道新幹線新青森新函館間が開業します。これにより、さらに主根が伸び、高速で都市間を結ぶことができるようになります。

「側根」の在来線の在り方

 新幹線の開業により、いままで実質上主根だった並行在来線が側根になることによって、利便性が低下する事例は今まであらゆるところで見受けられました。そのせいで、利用者が減ってしまった事例もありました。側根の元気が無いと主根は元気になりません。側根の並行在来線の利便性が保たれることにより、主根に当たる新幹線がより活性化されると思います。

側根を持たない主根、寝台列車

 寝台列車はその特性上、他の列車と接続が取りにくい列車です。そのため、寝台列車は地元の住民だけしか利用できず、利用率が低迷したのでしょう。さらに、側根がしっかりしている新幹線の便利さに寝台列車が負けてしまったのでしょう。

 

 次回は最終回です。廃止までにあけぼのに起こるであろう事象について考えてみます。

 (Part3・最終回に続く)

(執筆:G_siemens)