読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

定期券は何日で元が取れるか計算してみた(Part1 JR線編)

G_siemens 鉄道

 皆さんは通勤や通学に定期券を使っていますか?私は使っていませんが、そろそろ雪がふる時期に入るので、鉄道で通学しようと思っています。

 そこでふと思いました。「定期券って何日で元が取れるのだろうか?」そこで私は計算してみることにしました。

 Part1の今回はJR線の定期券は何日で元が取れるのか検証してみます。

JR線の3つの運賃体系

 JR線には大きく分けて3つの運賃体系があります。

電車特定区間 ②幹線 ③地方交通線

 ①の電車特定区間は東京周辺と大阪周辺の決められた区間のことです。詳しくはこちらで確認してください。また、山手線内と大阪環状線内は電車特定区間とは多少異なった運賃体系がありますが、ここでは省略します。

 ②の幹線は、東海道本線東北本線中央本線などの主要な路線のことです。◯◯本線という名前の路線は大体幹線です。(高山本線など、一部を除く)

 ③の地方交通線は、幹線から枝分かれしている路線のことです。日光線水郡線和歌山線などの路線がこれに当たります。

 運賃を安い順に並べると、①<②<③です。

実際に求めてみます

 まず①の電車特定区間の定期券から計算します。今回計算に使う区間は、常磐線・山手線の松戸〜新橋間(23.4km)です。この区間の往復運賃は760円です。(以降、往復分を1日分とします。)

通勤定期の場合

1ヶ月:¥11340 3ヶ月:¥32320 6ヶ月:¥54440

何日で元が取れるか(小数点以下切り上げ)

1ヶ月:15日 3ヶ月:43日 6ヶ月:72日

 

次に②の幹線です。計算に使う区間は中央本線高蔵寺〜名古屋間(24.0km)です。往復運賃は800円です。

通勤定期の場合

1ヶ月:¥11970 3ヶ月:¥34110 6ヶ月:¥57450

何日で元が取れるか

1ヶ月:15日 3ヶ月:43日 6ヶ月:72日

 

最後に③の地方交通線です。計算に使う区間は姫新線の播磨新宮〜姫路間(22.1km)です。往復運賃は800円です。

通勤定期の場合

1ヶ月:¥11970 3ヶ月:¥34110 6ヶ月:¥57450

何日で元が取れるか

1ヶ月:15日 3ヶ月:43日 6ヶ月:72日

計算からわかったこと

・通勤定期で20km程度の定期券の場合、1ヶ月定期で15日、3ヶ月定期で43日、6ヶ月定期で72日乗れば元が取れる。

・JRの場合、運賃体系が異なっていても距離が等しければ同じ日数乗ると定期券の元が取れる。

まとめ

 今回は、JR線の区間を計算しました。JR線内は運賃体系が違ってもこのように同じ日数で元が取れることがわかりました。次回は大手私鉄区間を計算します。私鉄区間はどうなるのか、非常に気になるところです。

Part2に続く

(執筆:G_siemens)