読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【速報】Suica使用可能駅が増加。松本駅や小淵沢駅など。

G_siemens 鉄道

 本日(11月29日)、JR東日本からSuica使用可能駅が増加するというプレスリリースが発表されました。2014年4月1日から新たに松本駅、小淵沢駅山形駅直江津駅などでSuicaが使用できるようになります。

 またSuica使用可能駅増加と同時に、新たに仙台近郊区間の新設、東京近郊区間新潟近郊区間の拡大が行われる模様です。

新たにSuicaが利用できるようになる駅一覧

 新たにSuicaが利用できるようになる駅は次の駅です。

山梨・信州エリア

中央本線:長坂、小淵沢、富士見、茅野、上諏訪、下諏訪、岡谷、塩尻

篠ノ井線:松本

小海線:清里、野辺山

水戸エリア

水郡線:上菅谷常陸太田、常陸大宮、常陸大子

仙台エリ

東北本線:一ノ関、平泉

仙山線:作並、山寺

磐越西線:磐梯熱海、猪苗代、会津若松、喜多方

奥羽本線:山形

陸羽東線:古川、鳴子温泉

新潟エリア

上越線:小千谷

信越本線:宮内、柏崎、直江津

羽越本線:中条、坂町、村上

どのように利用できるようになるのか

 まず先ほど挙げた駅の間でSuicaが利用できるようになります。ただし、山梨・信州エリア⇔水戸エリア以外のエリアをまたいでの利用はできません。

例:直江津〜柏崎はOK、直江津〜松本はNG

 また、現在のSuicaエリア⇔追加されたSuica利用可能駅の利用ができるようになります。ただし、山梨・信州エリア・水戸エリアは首都圏Suicaエリアと、仙台エリアは仙台Suicaエリア、新潟エリアは新潟Suicaエリアとの利用でのみSuicaが利用できます。

例:松本〜八王子はOK、小千谷〜高崎はNG

 また、サービス開始日は2014年4月1日です。

今回追加された駅ではSuicaの新規購入はできず、Suica定期券も作成できません。

大都市近郊区間の拡大について

 今回の改正で、新たに仙台近郊区間が新設されます。エリアを列挙するとスペースを取るのでプレスリリースでご確認ください。

 また、東京近郊区間新潟近郊区間も拡大されます。こちらもプレスリリースでご確認ください。

この改正で長野県の路線の一部も東京近郊区間に入ります。

大都市近郊区間が広がると...

 大都市近郊区間の拡大により、デメリットが発生します。

・大都市近郊区間では途中下車ができなくなる。また、片道乗車券は1日間のみ利用可能になる。

 これにより、最長で松本〜いわき間でも途中下車ができなくなります。

まとめ

 Suica利用可能エリアが拡大されます。これにより、非常に便利になると思われます。しかし、同時に大都市近郊区間も拡大され、途中下車ができなくなります。導入されることによって何が変わるのか、しっかりと押さえることが大事だと思います。

 取り急ぎ、速報記事を作成しました。また後日、詳しく検証していきたいと思います。

(執筆:G_siemens)