読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

定期券は何日で元が取れるか計算してみた(Part2 関東私鉄編)

G_siemens 鉄道

 前回のPart1に引き続き、定期券は何日で元が取れるか計算します。今回は関東の私鉄編。ここで断っておきますが、私は名古屋や西日本の私鉄についてあまり詳しく知らないので、定期券の計算の記事も書きません。ご了承ください。

まずは東京メトロ都営地下鉄

 最初は東京メトロから。今回の計算区間は有楽町線の和光市〜池袋間。距離は11.3km、往復運賃は460円です。

通勤定期の場合

1ヶ月:7800円 3ヶ月:22230円 6ヶ月:42120円

何日で元が取れるか

1ヶ月:17日 3ヶ月:49日 6ヶ月:92日

 JRの定期よりも元が取りにくくなっています。

 

 次に都営地下鉄です。今回の計算区間は新宿線本八幡〜市ヶ谷間。距離は19.8km、往復運賃は620円です。

通勤定期の場合

1ヶ月:11520円 3ヶ月:32840円 6ヶ月:62210円

何日で元が取れるか

1ヶ月:19日 3ヶ月:53日 6ヶ月:101日

 東京メトロより更に元が取りにくくなっています

次は京王・東急・小田急

 まずは京王。計算区間は新宿〜京王八王子間。距離は37.9km、往復運賃は700円です。

 通勤定期の場合

1ヶ月:13190円 3ヶ月:37600円 6ヶ月:71230円

 何日で元が取れるか

1ヶ月:19日 3ヶ月:54日 6ヶ月:102日

 都営地下鉄とだいぶ近い値です。直通運転がされていることに関係があるのかもしれません。

 

 次は東急。計算区間は東横線の渋谷〜横浜間。距離は24.2km、往復運賃は520円です。

 通勤定期の場合

1ヶ月:9670円 3ヶ月:27560円 6ヶ月:52220円

 何日で元が取れるか

1ヶ月:19日 3ヶ月:53日 6ヶ月:101日

 都営地下鉄と同じ日数です。

 

 最後に小田急。計算区間は新宿〜登戸間。距離は15.2km、往復運賃は480円です。

 通勤定期の場合

1ヶ月:8890円 3ヶ月:25340円 6ヶ月:48010円

 何日で元が取れるか

1ヶ月:19日 3ヶ月:53日 6ヶ月:100日

 都営地下鉄とほぼ同じ日数です。

最後に東武・京急

 関東私鉄の雄、東武です。計算区間は東武スカイツリーラインの新越谷〜北千住間。距離は15.8km、往復運賃は600円です。

 通勤定期の場合

1ヶ月:10670円 3ヶ月:30410円 6ヶ月:57620円

 何日で元が取れるか

1ヶ月:18日 3ヶ月:51日 6ヶ月:96日

 他社より多少コスパがいいです。

 

 最後に京急。計算区間は品川〜横浜間。距離は22.2km、往復運賃は580円です。

 通勤定期の場合

1ヶ月:11260円 3ヶ月:32100円 6ヶ月:60810円

 何日で元が取れるか

1ヶ月:20日 3ヶ月:56日 6ヶ月:105日

 他社に比べてもかなりコスパが悪いです。

※おまけ:日本一運賃が高い私鉄と言われる北総線で計算してみた。

 計算区間は京成高砂印旛日本医大間。距離は32.3km、往復運賃は1560円。この時点でもう高いです。

 通勤定期の場合

1ヶ月:34060円 3ヶ月:97080円 6ヶ月:183930円

 何日で元が取れるか

1ヶ月:22日 3ヶ月:63日 6ヶ月:118日

 非常にコスパが悪いです。「財布落としても定期落とすな」の言葉が言われるのも頷けます。

まとめ

・私鉄各社はJRに比べて定期券のコスパが悪い

・その中でも東京メトロは多少コスパがよく、京急は多少悪い。

・北総線はかなりコスパが悪い。

 今回の計算区間は(北総線を除いて)計算した路線と他社の路線が競合している区間を取り上げました。次回はその双方を比較したいと思います。

(Part3に続く)

(執筆:G_siemens)