3年半牛革のペンケースを使いこんだ話

思い起こせば3年前の四月、新しい年度の始まりに合わせてペンケースを新調しようということで、当時万年筆に既に嵌っていた私はアマゾンで

 

 

 をポチったのです。

理由としては牛革製で長く使えそうだったこと、5本の仕切りが独立していてペンとペンで干渉することがないこと、あたりを理由にこれに決めたと思います。

購入して初期の編成はこんな感じでした。(当時撮影)

f:id:g_function:20131216215616j:plain

 

万年筆の少なさからも沼へ深く入っていないことがうかがえます。

このあと使って分かったことは、革がざらざらしていてプリント軸のようなものだと削ってしまうので、少しペンを選ぶこと、耐衝撃性は皆無であることで、これによっていれられるのがステンレス無垢のようなペンやある程度傷を気にしない実用重視のペンを入れる使い方になりました。また定期的にオイルを塗って手入れをしているので徐々に光沢が見られるようになり、まさに革を育てると感じつつ使うことができています。

この後も今までの筆箱と違い使い続けられたのは、チャックがないシンプルな構造で壊れることがなかったこと。強い革の耐久性で破けなかったこと。が大きな理由だと思います。

これ以前に使っていた筆箱では、使いやすくてもチャックがだめになってしまったり。生地が破けてしまうことが多く、せいぜい1年くらいしか使い続けられなかったのでかなり愛着がわきました。

 

ではここで、3年半でどれだけ変わったのか巻いた状態で見てます。

f:id:g_function:20131216215612j:plain

Before

購入したてで、まだ固く新品のグローブのようであると当時の記事に残されていました。

ひもはこのあと猫にちぎられてしましまい、この写真はなかなか貴重です。

f:id:g_function:20131216215553j:plain

After

3年半オイルを塗りこんだ革はテカテカになりました。どこをさわっても触り心地がよく、まるで体の一部のように使いやすいです。前述したとうりひもをねこに食べられてしまったので、手芸店で買った革のひもで、延長しています。

また使うペンの量が増えたので、自作したピンクのケース(こちらも革)を一緒に結び付けて搭載できるペンの量を増やしています。

f:id:g_function:20131216215554j:plain

 

完全に万年筆沼に嵌ったなれの果てのような編成になってしまいました。

イエローデモンストレーターはクリップの調子が悪く外して使っています。あとは大体どこかで見た様なペンが主だと思います。万年筆では、タルガがカリグラフィーニブを搭載した者であること、小物ではナガサワオリジナルの革カバー消しゴムあたりが少々代わり物でしようか、あとはほんとにごくごく普通の編成だと信じたいです。

(グランセはそういえばフォルカンなんだった。。)

f:id:g_function:20131216215551j:plain

 

増えすぎたペンを搭載するのに後ろに何か見えますが、今回は無視します(汗

まとめ

  • 革製品は使いこむと楽しい
  • 万年筆沼はこじらすとヤバイ

 

 

[ミラグロ] Milagro 牛革 バケッタレザー ロールペンケース キャメル bt-pc01-CA

 

あわせて読みたいふぁんくしょんが書いた文具の記事

日本じゃ買えない?エルバンの白インクを試してみた - アナログとデジタルの間で(仮)日本じゃ買えない?エルバンの白インクを試してみた - アナログとデジタルの間で(仮)

白い色のインクというのは、もちろん白い紙の上に筆記して性格に読み取れるわけがないので、どれくらいの需要があるかは不明ですが、イロモノとしては一本持っていても悪く...

趣味の文具箱28が12月10日に発売 - アナログとデジタルの間で(仮)趣味の文具箱28が12月10日に発売 - アナログとデジタルの間で(仮)

趣味の文具箱 28万年筆沼やインク沼の住人の皆さんおなじみの趣味の文具箱の最新号が12月10日に発売されます。今回の特集は、万年筆のインクのようで21号の時のよ...

今使っているメカニカルペンシルとその考察。 - アナログとデジタルの間で(仮)今使っているメカニカルペンシルとその考察。 - アナログとデジタルの間で(仮)

万年筆がいくら好きだからからと言って、学生の私はメカニカルペンシルを何本か持ち歩かない限り毎日の生活を送れないのが最近の悩みだったりします。確かに何でもいいと言...

#カスタムカクノ 開戦。 レビュー フォルカン改造編 - アナログとデジタルの間で(仮)#カスタムカクノ 開戦。 レビュー フォルカン改造編 - アナログとデジタルの間で(仮)

#カスタムカクノへの前哨戦、カスタムキャンディ - アナログとデジタルの間で(仮)ツイッター上ではパイロットから発売されたカクノの改造ネタでマスキングテープやス...

中高生への万年筆布教に対して(ふぁんくしょん) - アナログとデジタルの間で(仮)中高生への万年筆布教に対して(ふぁんくしょん) - アナログとデジタルの間で(仮)

みなさまこんばんは。本日は自分の趣味である万年筆とその布教法(沼への沈め方w)についてコメントします。お金をかけずに楽しむための策なのでそんなのは邪道じゃいとい...

中高生への万年筆布教に対して その2 - アナログとデジタルの間で(仮)中高生への万年筆布教に対して その2 - アナログとデジタルの間で(仮)

中高生への万年筆布教に対して その2 - アナログとデジタルの間で(仮)というわけで、本日は中高生の万年筆沼への引き込み方 その2でございます。(相方の鉄道の記...

#カスタムカクノへの前哨戦、カスタムキャンディ - アナログとデジタルの間で(仮)#カスタムカクノへの前哨戦、カスタムキャンディ - アナログとデジタルの間で(仮)

ツイッター上ではパイロットから発売されたカクノの改造ネタでマスキングテープやスプレーで塗装した者が紹介されています。マット塗装なんかはかっこよくて個人的にも試し...

セーラー万年筆 『プロムナード』発売に思うこと - アナログとデジタルの間で(仮)セーラー万年筆 『プロムナード』発売に思うこと - アナログとデジタルの間で(仮)

11月26日付のセーラー万年筆のプレスリリースによると12月6日より、新製品『プロムナード』万年筆を全国のセーラー万年筆取扱文具店・百貨店で発売するそうです。値...