リケーブルできてこの値段は安い! オーディオテクニカ ATH-IM50 イヤホンレビュー

 去年の末に旅行に行っておりましたが、その時に秋葉原のヨドバシでイヤホンを買いました。それがATH-IM50です。 

 

DSC_0227

 

 値段は5420円(本体に貼ってあるシールの値段より少し安いです)。ただし私はヨドバシのポイントを多少持っていたので値引いてもらって4664円で買えました。

このイヤホンのいいところ

 とにかくコスパがいいことです。この値段でリケーブルができて、シュア掛けしやすいケーブルで、さらにコンプライのイヤーピースも付いているので、非常に満足度が高いイヤホンです。

 イヤホン本体は下の画像のような感じになっています。

image

 

 色はブラックとホワイトの二色がありますが、私はブラックを選びました。

 イヤホンジャックは3.5mmのイヤホンジャックで、L字型になっています。L字型は人によって好き嫌いが別れるところではありますが、個人的にはスマホやPCにつけた時にプラグが傷みにくいのでL字型のほうが好きです。

イヤホンの音の傾向について

(これは人それぞれ感じ方が違うので、ご自身で試聴されることをお勧めします。以下はあくまでもG_siemens個人の感想です。また、試聴環境はプレーヤーがiPhone5でイヤーピースはシリコンのMサイズです。試聴に使った音楽はOnly my railgunです。)

 以前に使っていたUE200+コンプライとの比較を交えながらレビューします。

高音域:UE200に比べるとちょっとこもりますが、それでもあまり気になるほどではないです。

中音域:おおよそ出ています。UE200と同程度です。

低音域:ここがUE200との大きな違いです。下から支えるように低音が鳴っています。ボーカルの音を殺すことなく程よい感じに出ています。ATH-IM50で聞いたあとにUE200で聞くとちょっと心もとない音に聞こえます。

タッチノイズ:UE200は結構酷かったですが、ATH-IM50はUE200よりは小さいですがそれでも多少あります。

遮音性:UE200よりもいいです。キータイプの音が聞こえないくらいです。

その他:ATH-IM50は出力機器の音を小さく設定していても結構大きく出てきます。

まとめ

 リケーブルできて5000円台のイヤホン、ATH-IM50でしたが、個人的に買って正解だったと思っています。低音の勢いがほしいけれども高音があまりにもこもっていると困るという人におすすめです。あと、よくイヤホンのケーブルを壊してしまう人にもおすすめです。

 以上、ATH-IM50のレビューでした。

(Photo 1枚目:SO-03D 2枚目:iPhone5)

(執筆:G_siemens

 

合わせて読みたい記事

フィリップスSHE9000/98 レビューと個人的評価 - アナログとデジタルの間で(仮)フィリップスSHE9000/98 レビューと個人的評価 - アナログとデジタルの間で(仮)

今まで使っていた、JVCのHA-FX1Xを断線せず1年くらいその使えていたのですが,、Micro USB B ケーブルと同じ袋の中にたまたまいれていたところ、ケ...