読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぺんてるの極細0.2ミリシャープペンシルが復活!同時にシュタインシリーズに0.2ミリ芯も登場

G_funcution メカニカルペンシル 文房具
ニュースリリース|ぺんてる株式会社

ニュースリリース|ぺんてる株式会社

ぺんてる株式会社の1月8日のプレスリリースによると1月27日より、新しいシャープペンシル『オレンズ』を発売するそうです。値段は税抜きで500円。

また同時に同社のシャープペンシル芯ブランド「シュタイン」に新たに0.2のHB,Bの芯を追加するそうです。こちらは他のシュタインシリーズと同じで1ケース200円税抜きで10本入りです。

 

久々の0.2ミリ

現行のラインナップでは、どこの会社も0.2ミリのシャープペンシルを販売しておりません。ぺんてるのグラフペンシルが廃番となっていますが0.2ミリ芯のシャープペンシルとして唯一の存在です。

同モデルがカタログ落ちしてからは0,2ミリ芯も廃番になり現在はアマゾンなどで定価より高く売られているのが目につきます。

 

 当時は製図用として販売されていましたが今やCAD全盛の時代でおそらく手書きで図面を書く人などほとんどいないと思います(父もそうですし)

そこで今回は製図用ではなく、一般筆記用として生まれ変わり誕生しました。デザインも無骨ではなくポップな印象です。ただ全体的にストレートなところや長めのガイドパイプは製図用のペンシルを彷彿させます。

0.2ミリ芯の弱点である0.3ミリの芯よりもはるかに折れやすいのを克服した、オレンズシステムを搭載し、不思議なほど芯が折れないペンシルになったそうです。

オレンズシステムでは芯を出さないで書く新しい書き方を実現したそうで、0.2ミリなのに普通のシャープペンシルのように書くことができるそうです。

雑感

久々に0,2ミリ芯のペンシルが復活したのは大きなニュースです。かなり一般向けな値段設定、デザインなので、ポキポキ折れない0.2ミリを開発したのか発売が楽しみです。0.3ミリ並に使えれば、特に男性よりも0.3ミリ使用者が多い女性から支持を受けそうです。

替え芯は一本あたり20円と万年筆のカートリッジ0.5本分くらいの価格で高価ですが、高い技術力が必要な0.2ミリ芯の生産にはやむを得ないのかもしれません。

どれだけ普通に使えるのか楽しみです。

PS

オレンズと最初に聞いたときにプラチナ万年筆のオレーヌを想像したのは私だけでしょうかw

折れず折れぬって似てます。

プラチナ オレーヌシャープペン MOL?200 ブルー

プラチナ オレーヌシャープペン MOL?200 ブルー