読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

黄色いインクのお話

G_funcution レビュー インク

前回の記事が文房具関連じゃなかったので、今回はインクネタです。

万年筆のインクもきりがないもので所有する万年筆の数に比例してインクの数も増えていきます(笑)万年筆に嵌るとインクにも必ずに近く嵌っていくのでインク沼なんて呼ばれたりもします。

まずは各社定番の黒、ブルーブラック、青あたりからはじまり。

 

 

ペリカン Pelikan ボトルインク 4001/76 ロイヤルブルー

色彩雫あたりに次は手を伸ばし

万年筆用水性インキ 色彩雫/iroshizuku 50ml【天色:アマイロ】 INK50AMA

最後はミックスフリーとかで、自分の好きな色を作る方へとだんだん墜ちていきます。(笑)

とりあえず、所有本数<インクの数になったら危険ですねw

もちろん100本越えとかしている方々はそれ以前にアウトな気がしますがw

 

まあ、でも私はまだ持っている、インクと万年筆を足しても100にならないので健全です(だいぶ違う)

なんだか前置きが長くなりましたが、本日はインクの中では少しばかりイレギュラーな存在である黄色インクのお話です。

f:id:g_function:20140112104744j:plain

 

特徴

  • 濃すぎると違う色になってしまうので色が薄め。
  • あまり用途が無いせいか、売っている本数が少ない。

 

文字を書いても薄いので、少し実用にはむずかしいですね。今回はデルタのyellowとペリカンのHigh lighter inkを比較します。

値段はデルタが一本1500円ハイライターは一本1000円です。少ない割には高めの値段設定です。ハイライターインクは専用の万年筆のM205DUO以外で使うなといっているので、もし使うのならば手入れとかを頻繁にした方が良さそうです。

 

ペリカンM205 DUO 限定万年筆 スケルトンイエロー(ハイライターインク付)

f:id:g_function:20140112104745j:plain

瓶の上からみた色は、デルタのほうは蜂蜜みたいな色合いで、ハイライターはどちらかというと緑がかった蛍光ペンみたいな色(だからハイライターなのですが)です。

 

 

f:id:g_function:20140112104739j:plain

どちらのインクも量が少なくなってからでも吸入できるように瓶に傾斜がつけられています。並べるとなんだかひょうきんですw

 

f:id:g_function:20140112104742j:plain

筆記テストです。デルタのイエローは入れている万年筆がなかったのでスポイトで吸ったのを落としました。

ハイライターは参考に載せた蛍コートと色がそっくりです。まさに蛍光ペン万年筆と言えるインクです。

最近は紫とかのインクに手を出したいですが、入れるペンからそろえたいですね。。

過去の万年筆の記事

日本では買えない(こともない)ペンへの物欲を書いてみる。 - アナログとデジタルの間で(仮)日本では買えない(こともない)ペンへの物欲を書いてみる。 - アナログとデジタルの間で(仮)

年が明けて、バイトをしていない自分にとっては貴重な収入が手に入ったので物欲にまみれているふぁんくしょんです。ちなみにまだ1日余裕がありますがテストなのでがけっぷ...

ぺんてるプリズメイト(日本仕様)(今のマルチエイト)レビュー - アナログとデジタルの間で(仮)ぺんてるプリズメイト(日本仕様)(今のマルチエイト)レビュー - アナログとデジタルの間で(仮)

あけましておめでとうございます。今年も沼につかりつつ更なる深み()を目指していきますのでよろしくお願いします。新年一発目はようやく本来の守備範囲?の文房具のレビ...

3年半牛革のペンケースを使いこんだ話 - アナログとデジタルの間で(仮)3年半牛革のペンケースを使いこんだ話 - アナログとデジタルの間で(仮)

思い起こせば3年前の四月、新しい年度の始まりに合わせてペンケースを新調しようということで、当時万年筆に既に嵌っていた私はアマゾンで[ミラグロ] Milagro ...

日本じゃ買えない?エルバンの白インクを試してみた - アナログとデジタルの間で(仮)日本じゃ買えない?エルバンの白インクを試してみた - アナログとデジタルの間で(仮)

白い色のインクというのは、もちろん白い紙の上に筆記して性格に読み取れるわけがないので、どれくらいの需要があるかは不明ですが、イロモノとしては一本持っていても悪く...

趣味の文具箱28が12月10日に発売 - アナログとデジタルの間で(仮)趣味の文具箱28が12月10日に発売 - アナログとデジタルの間で(仮)

趣味の文具箱 28万年筆沼やインク沼の住人の皆さんおなじみの趣味の文具箱の最新号が12月10日に発売されます。今回の特集は、万年筆のインクのようで21号の時のよ...

今使っているメカニカルペンシルとその考察。 - アナログとデジタルの間で(仮)今使っているメカニカルペンシルとその考察。 - アナログとデジタルの間で(仮)

万年筆がいくら好きだからからと言って、学生の私はメカニカルペンシルを何本か持ち歩かない限り毎日の生活を送れないのが最近の悩みだったりします。確かに何でもいいと言...

#カスタムカクノ 開戦。 レビュー フォルカン改造編 - アナログとデジタルの間で(仮)#カスタムカクノ 開戦。 レビュー フォルカン改造編 - アナログとデジタルの間で(仮)

#カスタムカクノへの前哨戦、カスタムキャンディ - アナログとデジタルの間で(仮)ツイッター上ではパイロットから発売されたカクノの改造ネタでマスキングテープやス...

中高生への万年筆布教に対して(ふぁんくしょん) - アナログとデジタルの間で(仮)中高生への万年筆布教に対して(ふぁんくしょん) - アナログとデジタルの間で(仮)

みなさまこんばんは。本日は自分の趣味である万年筆とその布教法(沼への沈め方w)についてコメントします。お金をかけずに楽しむための策なのでそんなのは邪道じゃいとい...

中高生への万年筆布教に対して その2 - アナログとデジタルの間で(仮)中高生への万年筆布教に対して その2 - アナログとデジタルの間で(仮)

中高生への万年筆布教に対して その2 - アナログとデジタルの間で(仮)というわけで、本日は中高生の万年筆沼への引き込み方 その2でございます。(相方の鉄道の記...

#カスタムカクノへの前哨戦、カスタムキャンディ - アナログとデジタルの間で(仮)#カスタムカクノへの前哨戦、カスタムキャンディ - アナログとデジタルの間で(仮)

ツイッター上ではパイロットから発売されたカクノの改造ネタでマスキングテープやスプレーで塗装した者が紹介されています。マット塗装なんかはかっこよくて個人的にも試し...