読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヤフオクとか楽オクで気になったペンの話vol.1

然の不定期更新シリーズです。

いつ終わるかは、、人気次第な感じがするのでコメントとか多ければ継続しますw

 ebayとかはハードルが高いですが国内のオークションサイトならば日本語ですし、送料もそこまで高くないので、気をつけるのは贋作と出品者の評価くらいなので。だいぶハードルは下がります。というわけで、楽オクヤフオクをさらっと見て気になったのを紹介します。

残り時間とか気にしていませんので、時間切れでもご了承ください。

尚、出品されているものの状態や本物かどうかについては責任を負えませんので、直接出品者の方にご確認ください。

 

万年筆 モンブラン 18K 750 金 MONBLANC

銀かステンレスのモンブランの万年筆です。吸入式である割にはリーズナブルな価格設定だと思います。ノブレスの上位モデル?

 

 

1円 シェーファー&セーラー シャープペン 等 計70点以上

ストアからの出品でよくある、まとめて売り飛ばすやつですね。70本のうちだいたい20本くらいはプラ軸の安い鉄ペンですがそれを抜いても面白いのが入っていそうです。一度はこういったのを買ってみたい、、

 

手造り万年筆 土田 修一

たまーにツイッターなどでも話に出る。手作りの万年筆です。調べるとおそらく4人くらいの職人の方が制作に関わっているようです。インキ止式はがんばれば自分で補修できるので、使ってみたいところです。ただお値段が少々お高めです。

 

★CROSS万年筆1本・ボールペン2本:ロゴマ-クサンプル★超レア

THE PENに載ってる。ノベルティーの参考例の本物版です。万年筆の色までカタログと同じです。見たことがないので珍しいのでないかと思います。営業の人から流れてきたのでしょうか?。資料的な価値はありそうですが実用性は微妙ですね。余裕があったらコレクションしてたまにうふふふふってやりたいですね、、

 

シェーファー 万年筆 ペン先14K 唐草模様 中古

たぶん、クリップもないので女性用モデルですね。面白いのは説明が象牙ネックレスなこと、、

ここから下は全てパーカー

はい、#75が欲しい人です←

特にシズレが欲しく万年筆に嵌りだしてからいまだに買えていないです。

かなり売れまくったそうなので、ビンテージというか中古品はカタログ落ちのなかでもそこそこものがある部類だと思いますが、買えないのは競って毎回負けるからですねハイ。某王国でも1万円を切るくらいの価格で出ているのをみて、買おうかな?とは思って、わざわざビルへ入国して試し書きまでしたのですが、あまりの軸の細さに拍子抜けした記憶が、、

結論から言ってあまり好きじゃない?

というわけで#75特集です。

 

 

パーカー75 万年筆 シルバー色×金色 K14 14金ペン先 筆記OK 格安

タイトルに期待しましたが、残念ステンレス軸でした~。

銀軸にくらべて廉価なのであまり売れず生産量が少ないので、レアらしいです。

ただパーカー45にぱっと見そっくり

目指すはシズレのみです。

 

USED*パーカー*万年筆 PARKER 75*2本セット

 こちらは同じステンレス軸の2本組みですが、首軸が赤いのが一本混ざっていますレアなんでしょうか?

◆◆PARKER パーカー75万年筆 ジャンク◆◆

今度も残念ラッカー軸(漆?)でした~。

しかもペン先がありません。

さっきシズレの生産量が多いとか言いましたけど嘘かも知れないってくらい安いのが無いですねえ。ただ色は悪くないのでペン先だけどこかで調達して使うのも悪くなさそうです。

 ◇アメリカ独立200年記念 限定モデル 14金ペン先◇

これは確か天冠にどこかの木が埋め込まれているモデルですね。欲しい、、

Parker(パーカー)万年筆,Parker75(F),14k,フランス製,中古

これはラッカー軸ですね。シズレをあきらめてカラー軸でもいいのですが、相場がカラー軸のほうが高くなっていることもあるので

 

パーカー【PARKER】 スターリングシルバー万年筆◆14K

 

§ 古い万年筆/パーカー75 §

ようやく真打ちが登場です。

細かく言うと初期モデルとかアメリカ製とかオーストラリア製とか色々ありますが、とりあえずシズレならばなんでもという意味ではこんなところです。ただやはり人気があるので競り合って高額になりかねないため、なかなか手が出ないです。

 

まとめると初期型や限定品などで上下はしますが、大体5000円~といったところがパーカー75の相場な気がします。極たまに、出品ミスで商品名とかが違うと格安で落とすこともできるでしょうがなかなか探すのもそれは大変なので難しいですねえ。

安く恵んでくれそうな人の所へ赴く計画をやはり立てますか、、

 

過去に書いた文房具の記事です

 

黄色いインクのお話 - アナログとデジタルの間で(仮)黄色いインクのお話 - アナログとデジタルの間で(仮)

前回の記事が文房具関連じゃなかったので、今回はインクネタです。万年筆のインクもきりがないもので所有する万年筆の数に比例してインクの数も増えていきます(笑)万年筆...

日本では買えない(こともない)ペンへの物欲を書いてみる。 - アナログとデジタルの間で(仮)日本では買えない(こともない)ペンへの物欲を書いてみる。 - アナログとデジタルの間で(仮)

年が明けて、バイトをしていない自分にとっては貴重な収入が手に入ったので物欲にまみれているふぁんくしょんです。ちなみにまだ1日余裕がありますがテストなのでがけっぷ...

ぺんてるプリズメイト(日本仕様)(今のマルチエイト)レビュー - アナログとデジタルの間で(仮)ぺんてるプリズメイト(日本仕様)(今のマルチエイト)レビュー - アナログとデジタルの間で(仮)

あけましておめでとうございます。今年も沼につかりつつ更なる深み()を目指していきますのでよろしくお願いします。新年一発目はようやく本来の守備範囲?の文房具のレビ...

3年半牛革のペンケースを使いこんだ話 - アナログとデジタルの間で(仮)3年半牛革のペンケースを使いこんだ話 - アナログとデジタルの間で(仮)

思い起こせば3年前の四月、新しい年度の始まりに合わせてペンケースを新調しようということで、当時万年筆に既に嵌っていた私はアマゾンで[ミラグロ] Milagro ...

日本じゃ買えない?エルバンの白インクを試してみた - アナログとデジタルの間で(仮)日本じゃ買えない?エルバンの白インクを試してみた - アナログとデジタルの間で(仮)

白い色のインクというのは、もちろん白い紙の上に筆記して性格に読み取れるわけがないので、どれくらいの需要があるかは不明ですが、イロモノとしては一本持っていても悪く...

趣味の文具箱28が12月10日に発売 - アナログとデジタルの間で(仮)趣味の文具箱28が12月10日に発売 - アナログとデジタルの間で(仮)

趣味の文具箱 28万年筆沼やインク沼の住人の皆さんおなじみの趣味の文具箱の最新号が12月10日に発売されます。今回の特集は、万年筆のインクのようで21号の時のよ...

今使っているメカニカルペンシルとその考察。 - アナログとデジタルの間で(仮)今使っているメカニカルペンシルとその考察。 - アナログとデジタルの間で(仮)

万年筆がいくら好きだからからと言って、学生の私はメカニカルペンシルを何本か持ち歩かない限り毎日の生活を送れないのが最近の悩みだったりします。確かに何でもいいと言...

#カスタムカクノ 開戦。 レビュー フォルカン改造編 - アナログとデジタルの間で(仮)#カスタムカクノ 開戦。 レビュー フォルカン改造編 - アナログとデジタルの間で(仮)

#カスタムカクノへの前哨戦、カスタムキャンディ - アナログとデジタルの間で(仮)ツイッター上ではパイロットから発売されたカクノの改造ネタでマスキングテープやス...

中高生への万年筆布教に対して(ふぁんくしょん) - アナログとデジタルの間で(仮)中高生への万年筆布教に対して(ふぁんくしょん) - アナログとデジタルの間で(仮)

みなさまこんばんは。本日は自分の趣味である万年筆とその布教法(沼への沈め方w)についてコメントします。お金をかけずに楽しむための策なのでそんなのは邪道じゃいとい...

中高生への万年筆布教に対して その2 - アナログとデジタルの間で(仮)中高生への万年筆布教に対して その2 - アナログとデジタルの間で(仮)

中高生への万年筆布教に対して その2 - アナログとデジタルの間で(仮)というわけで、本日は中高生の万年筆沼への引き込み方 その2でございます。(相方の鉄道の記...

#カスタムカクノへの前哨戦、カスタムキャンディ - アナログとデジタルの間で(仮)#カスタムカクノへの前哨戦、カスタムキャンディ - アナログとデジタルの間で(仮)

ツイッター上ではパイロットから発売されたカクノの改造ネタでマスキングテープやスプレーで塗装した者が紹介されています。マット塗装なんかはかっこよくて個人的にも試し...