ロマンスカーと江ノ島(2013冬の東京旅行 最終回)

 冬の東京旅行、本日は最終日の様子をお届けします。旅は小田急線の新宿駅からスタートです。

【3日目】2013/12/29 天気:晴れ

 この日は江ノ島に行きました。

小田急小田原線江ノ島線 特急えのしま61号 片瀬江ノ島行き(新宿〜片瀬江ノ島

CIMG1223

 まずはロマンスカーに乗って片瀬江ノ島に向かいます。新宿駅のホームに向かうと、2番ホームに特急スーパーはこねVSEが停車していました。これにも乗ってみたかったのですが、今回は乗りません。3番ホームに止まっている回送列車が発車した後、私が乗る特急えのしまが到着しました。使用列車はEXEこと30000系。前6両は特急さがみで、後4両が特急さがみです。

 新宿を発車すると、千代田線との合流駅である代々木上原や、最近地下化した東北沢〜世田谷代田間を通過して新百合ヶ丘に停車します。そして相模大野で前6両の「さがみ」を切り離します。4両となった「さがみ」江ノ島線に入ります。ちょうどその頃、私は眠くなってきたので藤沢の手前まで寝てました。藤沢到着前に、車窓右手に富士山が見えました。藤沢で方向転換をして、いよいよ終点の片瀬江ノ島の到着しました。

 

[江ノ島で観光]

CIMG1230 CIMG1232 CIMG1233

 片瀬江ノ島駅を降りて10分ほど歩くと江ノ島に入ります。江ノ島に入ってから、急な坂を登るとそこには江島神社があります。鳥居をくぐって境内を歩くと中津宮に着きます。ここでお参りをした後、銭洗をして江島神社を後にします。

 江島神社を後にし、向かったのは「とびっちょ」というお店。ここではしらす丼を頂きます。江島神社に参拝する前に、ここに立ち寄り予約をしておいたので開店と同時に入店することが出来ました。

image image

 食べたのは釜揚げしらすネギトロ丼。さらにあら汁も頼みました。この日のあら汁のあらはサーモンで、サーモンの旨味と脂が美味しかったです。丼のほうはボリューム満点で、とても美味しかったです。こんなに美味しいしらすを食べたことはなかったです。

 食べている間に、店員さんから「生しらすが到着したので、生しらすのお刺身はいかがですか?」と聞かれました。実はこの前日に生しらす漁が終了していたのですが、この日は漁師さんが特別に獲ってきてくれたのです。生しらすは食べてみたかったので、お刺身を頼みました。生しらすにポン酢を付けずに食べると、生エビのような味がしました。ポン酢につけるとさっぱりといただけて、ちょうど食べ過ぎたお腹に持ってこいでした。

 江の島のグルメを堪能した後、まだちょっと早い気もしますが、江の島を後にします。江の島はいいところです。皆さんも訪れてみてはいかがでしょうか。

 

小田急江ノ島線小田原線 特急えのしま16号 新宿行き(片瀬江ノ島〜新宿)

DSC_0224

 片瀬江ノ島駅に戻ってくると、そこにはEXEが停車していました。これが私の乗る特急えのしまです。

 駅前のコンビニで買った烏龍茶片手に、列車に乗り込むと、列車には私以外誰もいませんでした。片瀬江ノ島発車時は貸切状態でした。その後藤沢で数人乗ってきたので貸し切りではなくなりました。

 かなり昼飯を多く食べたので、さすがに眠くなってきました。大和を発車したあたりから寝てしまいました。ふと目が覚めるともう新百合ヶ丘でした。車内を見回すとそこそこの人が乗っていました。新宿駅に到着すると、隣のホームにはLSE特急はこねが停まっていました。なくならないうちに乗ってみたいなあと思いました。

 

中央本線 特急スーパーあずさ19号 松本行き(新宿〜松本)

image

 まだまだ遊び足りないところですが、これで東京を去ります。新宿駅10番線ホームにはすでにE351系が入線していました。

 この列車は新宿を発車すると八王子、甲府、茅野、上諏訪、松本にしか停車しません。実はこのスーパーあずさ19号は新宿〜松本間の最速達列車で、新宿〜松本間を2時間26分で結んでいます。

 ちょうど帰省ラッシュで、車内がうるさくなることを覚悟していましたが、八王子を過ぎたあたりから静かになりました。お陰で快適に過ごすことが出来ました。

 松本に到着して電車に降りると、とても寒かったです。やっぱり松本って寒いんだなあと思いました。

 

 以上、2013冬の東京旅行の旅行記でした。次回は総集編として、旅をまとめてみたいと思います。

 

(Photo 1-4枚目:EX-ZR300 5,6,8枚目:iPhone5 7枚目:SO-03D)

(執筆:G_siemens