初めてのFirefox osを搭載したタブレットのプロトタイプが登場。

Meet the first Firefox OS tablet prototype - Liliputing

Firefox OS Tablet Program: First Device Specs | Asa Dotzler

今までのモバイルOSと違い専用のプラットフォームが必要なくHTML5でアプリケーションの開発を行うことができ、現在パナソニックなどもスマートTVの開発で協議中のfirefoxOSにタブレットのプロトタイプが登場しました。

製造は台湾大手のFoxconnです。

スペックは

  • 画面 マルチタッチ対応10.1インチIPS(1200*800ピクセル)
  • CPU Cortex-A7 quad-core
  • RAM 2GB
  • ストレージ 16GB

そのほかにフロント/リアカメラ、GPS WIFI( 802.11b/g/n)Bluetooth ジャイロスコープを搭載。拡張機能としてはマイクロUSB マイクロSDポートを備えます。

スペックは安価な中華タブレットのようなスペックで、現在販売されているfirefox osスマートフォンも同じくハイスペックではありません。

ですが、これは全てのfirefox端末が廉価でandroidiOSのような高級な端末になれないという意味でなく開発段階であるが故です。

スマートフォンはすでにZTEから発売されており、日本からもebayなどを通じて購入することができます。(電波法の壁があるので来る日本上陸に向けての開発用としての使用しかできませんが)

まだまだ発展中ではありますがこれからに期待します。

日本にもブラックベリーwindows phoneなどのモバイルOSの更なる参入も期待しますがメーカーとしてはヨーロッパ、アメリカの証明をそれぞれもらって、さらに日本もと言うのは市場規模から言って難しいと思うので、TPPで規格の統一など行って欲しいものです。