読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Tombow object メカニカルペンシル レビュー

G_funcution メカニカルペンシル レビュー

みなさまこんばんは、だかこんにちは。だかなんだかごきげんよう(疲労で文章が謎)

実はこの後もやらなきゃいけないタスクが山積みなので、急ぎ目で今日中に寝れるように頑張ります。

 

今回のレビューのまとめ

  • 見た目はシンプル
  • ゴム製のノック部分が軟らかい
  • デザインで勝負

 

日紹介するのは、トンボのオブジェクトシリーズのメカニカルペンシルです。メカニカルなんて妙に気取った書き方をしましたが、実際日本のメーカの製造ですし値段も値段なので、まあ気軽にシャーペンって呼ぶのが妥当かもしれません。

f:id:g_function:20140120221040j:plain

昔は小学校の近くで栄えていたタイプの文房具屋さんで回収しました。確か300円位だと思います。値札シールも付いていなかったので正確な値段は分かりませんが、外側だけ見れば500~800円くらいしてもおかしくはなさそうです。

先端がピノキオの頭みたいなユニークな作りになっています。これが一体成型でこの形を作っていたら2000円くらいしても納得しますが、これは2パーツで整形されているので、そこまで高くは無いと思います。

グリップがゴムじゃなくて樹脂製でネバついてこないので好みですね。全体がシルバーと黒で統一されているのも事務用品くささがありますが、奇抜なデザインで打ち破っているので色はこれくらいシンプルでいいのではないかと思います。

f:id:g_function:20140120221039j:plain

先端を外すだけで簡単に分解することができます。チャックなどを含めて内側はほとんどが樹脂製です。個人的にチャックくらいは耐久性を考えて真鍮製にしてほしかったとは思いますが、デザイン(おしゃれさ)を優先して内側はシンプルでもいいかもしれません。壊れるのが早そうなので長く使えないかもしれないですが、、

 

f:id:g_function:20140120221038j:plain

ノック部分がこのペンはゴムになっていて、このようにノックをすると、ゴムがつぶされてノックされます。ゴムが薄いので何度もノックしていると壊れてしまいそうなのが少し怖いです。

疲れにくいグリップや細い線が引き続けられるシャープペンシルだけでなく、おしゃれなペンがまた普及してほしいと思ったレビューでした。

 

 

過去の文房具の記事(総合)

 

 

twsbiの新しいアルミニウム製のピストン画像が登場 - アナログとデジタルの間で(仮)twsbiの新しいアルミニウム製のピストン画像が登場 - アナログとデジタルの間で(仮)

FPGeeks | TWSBI Shows Off Smexy New Aluminum Pistons for the 5X0.まとめると5×0シリーズのアル...

黄色いインクのお話 - アナログとデジタルの間で(仮)黄色いインクのお話 - アナログとデジタルの間で(仮)

前回の記事が文房具関連じゃなかったので、今回はインクネタです。万年筆のインクもきりがないもので所有する万年筆の数に比例してインクの数も増えていきます(笑)万年筆...

日本では買えない(こともない)ペンへの物欲を書いてみる。 - アナログとデジタルの間で(仮)日本では買えない(こともない)ペンへの物欲を書いてみる。 - アナログとデジタルの間で(仮)

年が明けて、バイトをしていない自分にとっては貴重な収入が手に入ったので物欲にまみれているふぁんくしょんです。ちなみにまだ1日余裕がありますがテストなのでがけっぷ...

ぺんてるプリズメイト(日本仕様)(今のマルチエイト)レビュー - アナログとデジタルの間で(仮)ぺんてるプリズメイト(日本仕様)(今のマルチエイト)レビュー - アナログとデジタルの間で(仮)

あけましておめでとうございます。今年も沼につかりつつ更なる深み()を目指していきますのでよろしくお願いします。新年一発目はようやく本来の守備範囲?の文房具のレビ...

3年半牛革のペンケースを使いこんだ話 - アナログとデジタルの間で(仮)3年半牛革のペンケースを使いこんだ話 - アナログとデジタルの間で(仮)

思い起こせば3年前の四月、新しい年度の始まりに合わせてペンケースを新調しようということで、当時万年筆に既に嵌っていた私はアマゾンで[ミラグロ] Milagro ...

日本じゃ買えない?エルバンの白インクを試してみた - アナログとデジタルの間で(仮)日本じゃ買えない?エルバンの白インクを試してみた - アナログとデジタルの間で(仮)

白い色のインクというのは、もちろん白い紙の上に筆記して性格に読み取れるわけがないので、どれくらいの需要があるかは不明ですが、イロモノとしては一本持っていても悪く...

趣味の文具箱28が12月10日に発売 - アナログとデジタルの間で(仮)趣味の文具箱28が12月10日に発売 - アナログとデジタルの間で(仮)

趣味の文具箱 28万年筆沼やインク沼の住人の皆さんおなじみの趣味の文具箱の最新号が12月10日に発売されます。今回の特集は、万年筆のインクのようで21号の時のよ...

今使っているメカニカルペンシルとその考察。 - アナログとデジタルの間で(仮)今使っているメカニカルペンシルとその考察。 - アナログとデジタルの間で(仮)

万年筆がいくら好きだからからと言って、学生の私はメカニカルペンシルを何本か持ち歩かない限り毎日の生活を送れないのが最近の悩みだったりします。確かに何でもいいと言...

#カスタムカクノ 開戦。 レビュー フォルカン改造編 - アナログとデジタルの間で(仮)#カスタムカクノ 開戦。 レビュー フォルカン改造編 - アナログとデジタルの間で(仮)

#カスタムカクノへの前哨戦、カスタムキャンディ - アナログとデジタルの間で(仮)ツイッター上ではパイロットから発売されたカクノの改造ネタでマスキングテープやス...

中高生への万年筆布教に対して(ふぁんくしょん) - アナログとデジタルの間で(仮)中高生への万年筆布教に対して(ふぁんくしょん) - アナログとデジタルの間で(仮)

みなさまこんばんは。本日は自分の趣味である万年筆とその布教法(沼への沈め方w)についてコメントします。お金をかけずに楽しむための策なのでそんなのは邪道じゃいとい...