auの2014年春モデルのスマホについて思うこと(各機種をカタログスペックのみで評価してみる)

 先日、auから2014年春モデルの発表がありました。発表されたのは次の4機種です。

・G Flex (LGL23)

Xperia Z Ultra (SOL24)

AQUOS PHONE SERIE mini (SHL24)

URBANO L02

 今回は、これら4機種のカタログスペックだけを評価したいと思います。(実機レビューではありませんので、この評価はあくまでも参考程度と考えてください。また、実際に機種を選ぶ際には店頭で実際にデモ機やモックで大きさや動きを確認して、納得できる機種を選んでください。)

 

 では、早速行ってみましょう。

G Flex(LGL23)

 海外モデルのG Flexを日本向けに多少ローカライズしたモデルです。NTTdocomoで発売されているG2(L-01F)と違って、こちらのモデルはmicroSDXCに対応しています。(最大128GBまで)バッテリー容量は3,500mAhと、G2よりも容量が増えています。ただし、画面サイズが6インチと大きくなったので、これがバッテリーにどう影響してくるのかが気になる所です。

 G2から採用された背面ボタンもしっかり継承されています。ここは使う人によって好き嫌いが分かれそうです。特に机に置いてスマホを操作したい人にとっては、あまり嬉しくないデザインです。また、この端末はボディがカーブしています。カーブといえば、Xperia arcのような背面がカーブしているものを思い浮かべる人も多いかもしれませんが、この端末は端末全体がエビのように曲がっています。これが持ちやすさを生み出しているとされていますが、このデザインに関しても好き嫌いが分かれそうです。

 スペックに関してはここ最近の定番と言えるスペック(2GHz以上の4コア、RAM2GB)です。また、特徴的な機能として、傷を自然回復させる背面カバーと、ハイレゾ音源を再生できるという機能が搭載されています。

Xperia Z Ultra (SOL24)

 こちらも海外モデルのXperia Z Ultraを日本向けに多少ローカライズしたモデルです。こちらのモデルはauの2014年春モデルの中で一番画面サイズが大きく、約6.4インチとなっています。画面はフルHDに対応しています。

 バッテリーに関しては、この端末より画面サイズが小さいG Flexよりも容量が少なく、3000mAhとなっています。画面が大きく、更にフルHDなので、ちょっとバッテリーは心配です。

 また、カメラも少々不満なスペックです。海外では去年の夏に発売されたということもあってか、背面800万画素と、現在発売されているXperia Z1(SOL23/SO-01F)の2070万画素と比べて非常に画素数が少ないです。実際どのように撮れるのかはわかりませんが、ちょっとここは不満です。

 その他のスペックに関してはここ最近の定番のスペックです。また、特徴的な機能として、大画面を活かしたスモールアプリ機能や、防水防塵機能なども搭載されています。

AQUOS PHONE SERIE mini (SHL24)

 こちらは、AQUOS PHONE SERIE(SHL23)のスモール版と言うよりかは、SoftbankAQUOS PHONE Xx mini(302SH)の兄弟機というのが正確でしょう。画面サイズは約4.5インチで、さらに縁が狭く、横幅は63mmと画面サイズに対して小さめの端末になっています。(ちなみに裸のiPhone5は横幅約57mm)

 さらにシャープお得意のIGZOディスプレイを搭載。487ppiと高密度な液晶かつ、電池長持ちを実現させています。これは実物が気になる所です。

 カメラはF値1.9と明るめで、暗所でもノイズが乗りにくいとのことです。これも実際に撮影してみないとわからないですが、少し期待できます。

 残念な点としては、電池容量が2,120mAhと少ないところです。IGZOで多少は電池持ちがいいかと思いますが、それでもちょっと不安です。

URBANO L02

 この端末は、カタログスペックだけで見ると前代のURBANO L01からほとんど何も変わっていません。CPUも2コアのまま、画面サイズや解像度も全く変化無しです。この端末については悪い評価をせざるを得ません。

 初心者向けのスマホとはいえ、前代からカラーバリエーション等を変えただけのスペックも一世代前のスマホは正直需要があるとは思えません。(前代の機種で別にいい)せめてCPUの性能をアップさせるだけでもすれば、初心者向けにそこそこいい端末になると思います。

 この機種の特徴的な機能としては、騒がしい場所でもしっかり相手の声が聞き取れる「スマートソニックレシーバー」や、無接点充電Qiの搭載といったところです。

まとめ

 今回はauの2014年春モデルをまとめてみました。個人的に気になる端末は、AQUOS PHONE SERIE mini (SHL24)とG Flex(LGL24)です。果たして、SHL24が「Xperia Z1 f」のような立ち位置になれるのか、また、LGL24の斬新なデザインは受け入れられるのか、とても気になる所です。

 店頭で実際にデモ機に触ったらまたレビューしてみたいと思います。

(参考記事:au 公式プレスリリース他)

(執筆:G_siemens