京セラ「TORQUE(トルク)」国内販売開始に思うこと。

 

 

京セラ株式会 社(社長:山口 悟郎)は、現在、米国で展開している高耐久性Androidスマートフォン「TORQUE®(トルク)」を、本年3月より国内市場に投入しますのでお知らせいたします。なお、国内での販売につきましては、京セラブ ランド(メーカーブランド)のスマートフォン(型番「SKT01」)として、ダイワボウ情報システム株式会社(以下、ダイワボウ情報システム)を通して販 売され、株式会社NTTドコモ(以下、NTTドコモ)のネットワークをご利用いただけます。

「TORQUE®(トルク)」は、2013年3月に米国で発売したスマートフォンです。防水 · 防塵※4対応、米国国防総省軍事規格(MIL-STD-810G)に準拠した高耐久性能を持ち、ビジネスシーンでご利用される法人の方を中心にご好評いただいています。
このたび国内市場に投入するにあたりまして、Android 4.2に対応し、カメラも8Mへ変更するなど機能の向上を図りました。また、NTTドコモLTEサービス「Xi(クロッシィ) ®」(下り 100Mbps / 上り 37.5Mbps)の接続確認をしており、快適な通信環境でご利用いただくことができます。高い耐久性を求められ る建設業、物流業などのビジネスの現場でお使いいただけます。

 

「TORQUE®(トルク)」を国内市場で販売開始 | ニュースリリース | 京セラより引用

G`z oneブランドで、国内ほぼ唯一のタフネスさを謳うスマホを販売していたNECカシオのスマホ事業からの撤退を悲しんだみとしてはかなり嬉しいニュースです。

 しかもキャリアから発売されず、シムフリーで販売されるのは喜ばしい事実です。

CPUも2コアなのはやや時代遅れな雰囲気も否めないですが、同社製のauの春モデルL02も同じCPUですので、最新ではないですが、ビジネスなどでは必要充分といったところですかね。これでiPhoneなどと同じで、地面に落としても、塩水に浸かっても、粉塵を浴びても、壊れるスマホならば発売の意味は薄いかもしれません。

「TORQUE(トルク)」は違います。ぜんぶ大丈夫なのです。

同プレスリリースによると、「TORQUE(トルク)」は米国国防総省軍事規格(MIL-STD-810G)に準拠した試験を実施して、

防水性能 30分間にわたる降雨や浸水に対しての防水性能を有します
防塵性能 6時間にわたる粉塵環境試験をクリアする防塵性能を有します
耐衝撃性能 高さ約1.22mから26方向での落下試験にクリアする落下衝撃性能を有します
温度耐久性能 過酷な温度環境下での耐久性能を有します
 動作環境 -21~50℃の温度範囲で3時間の温度耐久性
 保管環境 -30~60℃の温度範囲で4時間の温度耐久性
耐振動性能 1時間に及ぶ3方向での振動試験をクリアする耐振動性能を有します
塩水耐久性能 24時間の塩水噴霧後、24時間の乾燥放置状態の試験をクリアする塩水耐久性能を有します
防湿性能 連続10日間、高湿度の環境下での放置試験をクリアする防湿性能を有します
耐日射性能 24時間にわたる日射条件(合計1,120W/m2)をクリアする耐日射性能を有します
低圧性能

2時間にわたる低圧(57.11kPa:約4,572メートル)をクリアする低圧性能を有します

をクリアしています。これならかなり安心して。アウトドアなどにも持って行けます。特に低温での動作保証は冬山でも有難いです。

価格を予想

今回のプレスリリースでは価格が発表されていませんので少し調べてみました。

現在「TORQUE(トルク)」を扱う米国のキャリアsprint(スプリント)での販売価格を調べましたところ、2年縛りなど無しで349ドルとなっています。(2年縛りなどの割引を組み合わせて49.99ドルでした)

日本円にしておよそ3万5千円です。

ちなみに北米版のnexus5の 16GBモデルも現地で349ドルです。また日本での販売価格はグーグルの直販で3万9800円なので、この法則?とカメラなどのスペックアップなども含めてでおよそ4万円前後になるのではないかと予想します。

 

 cal21とどちらが頼れるか。

あくまでも一個人としての意見ですので参考程度にしてください。

まず機械としての処理能力などの性能は、ほとんど同じです。

プロセッサーは2台ともMSM8960を搭載します。また画面解像度、内蔵メモリーの容量も同じです。カメラの画素数も同じです。逆に違うところを探すのが難しいようなくらいそっくりなスペックです。

cal21はFelicaを「TORQUE(トルク)」はNFCを搭載するので「TORQUE(トルク)」のほうが少し使い道が広いですね。wifiはcal21のみ5ghz帯に対応するので、ちょっと違うかもしれません。

ただし、バッテリーについては大きな違いがあります。

cal21が1800mAhなのに対して、「TORQUE(トルク)」は2520mAhです。今年の冬モデルでは3000mAh越えのバッテリーを搭載するファブレットなんかも登場しますが、画面が4インチであることを考慮すれば、かなり大きなバッテリーだと思います。

 

結論

  • バッテリーのタフさを求めるならば、「TORQUE(トルク)」一択。

  • 今後の後継機の開発に期待。