読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

特急スーパーあずさに新車投入。(E353系の考察)

 JR東日本は4日、老朽化した中央線特急E351系を置き換えるために、新型車両E353系の先行車を制作することを発表しました。E353系は2015年夏ごろに落成する見込みです。

 今回は、中央線特急に新車が入るということで、E353系についてまとめ的な記事を書こうと思います。

E353系のスペック

 基本的に括弧内はE351系のスペックです。

編成:基本編成 9両編成5M4T(8両編成4M4T)

   付属編成 3両編成2M1T(4両編成2M2T)

定員:基本編成 G車30名 普通車502名(G車50名 普通車423名)

   付属編成 G車なし 普通車154名(G車なし 普通車240名)

車体:アルミニウム合金製(鋼製)

制御方式:VVVFインバータ制御(量産先行車はGTO-VVVF,量産車はIGBT-VVVF

シートピッチ:G車 1160mm 普通車 960mm(G車 1160mm 普通車 970mm)

車体傾斜装置:空気ばね高さ制御(コロ式制御付き振り子

その他特筆すべき点:各車両に空気清浄機、各座席に電源コンセントを設置。

一部先頭車とG車に動揺防止装置を装備。

考察

 まずは編成から。E351系では8両-4両だったのをE353系では9両-3両にしています。これは需要に応じて増解結できるようにしているのでしょう。現在、E351系で運行されるスーパーあずさ号は全列車が12両編成です。これでは、供給が過剰なときがあります。かといって8両では物足りない。そこでE353系はE257系のように増解結が効く編成にしたのでしょう。

 また、グリーン車の定員が減っています。恐らくE353系は半室グリーン車になっているのではないかと考えます。

 E351系で使われた振り子制御はE353系では使われていません。代わりに、E6系などで使われている空気ばね高さ制御が用いられています。振り子制御はカーブを速く走れるという利点はありますが、車酔いを誘発しやすいという欠点もあります。しかし、空気ばね高さ制御は振り子制御ほど傾斜しないので、車酔いを抑えることができます。

デザインについて

 車体のデザインはE259系成田エクスプレス」やE657系「スーパーひたち/フレッシュひたち」とよく似ています。紫色の帯が車体上部に引かれています。また、ライトは縦についています。

 また、普通車のシートは青系の色が、グリーン車のシートはえんじ色が使われています。(プレスリリースを見る限りは)

 デザインについては賛否別れるところですが、個人的には悪くはないと思います。

まとめ

 登場から約20年が経過し、少しがたつきも見られるようになったE351系。新しいE353系は使い勝手の良くなった、性能も素晴らしい車両になりそうです。デザインは賛否別れるところではありますが、E259系E657系のDNAを受け継ぎ、さらに色使いはE351系を踏襲しています。

 登場するのはまだ1年以上先の話ですが、今から落成が楽しみです。

(執筆:G_siemens)