読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつも使うボトルの話(ナルゲンボトルレビュー)

んばんは、ふぁくしょんです。今日は予定通りぼっち映画を敢行しました。鉄道が乱れまくって大変でしたがこんな状況でも動かしてくれた方に感謝します。映画そのものは少し予想とは違うところもありましたが結果的に楽しめたので良かったです。(そこそこの広さのスクリーンにおっさん5人というのが衝撃的でしたが。)また次回にでも感想を書きます。

今回は第三回目の山で使う道具の話です。

f:id:g_function:20140216221750j:plain


今回のも大体テント場に行くと一本は見る定番中の定番のナルゲンボトルです。1Lタイプで一本1500円とプラスチックとしては高価ですがそれだけの価値があります。

 

 

nalgene(ナルゲン) 広口1.0L Tritan レッド 2178-2023

nalgene(ナルゲン) 広口1.0L Tritan レッド 2178-2023

 

 

今回のまとめ

  • この時代に製造国がアメリカ
  • パッキンがなくても漏れない
  • クラックが入りにくく丈夫

ハイドレーション以外の水筒としてだとプラティパスと大体ツートップ「」といったところでしょうか。

 

Platypus(プラティパス) プラティパス 2  25601

Platypus(プラティパス) プラティパス 2 25601

 

f:id:g_function:20140216221811j:plain

 

 

ちなみに製造がどちらもこの時代にアメリカなのがかっこいいです。登山靴とかだとイタリア製とかもありますが、水筒でアメリカ製ってかっこいいですw。もうそれだけで価値があります。
プラティパスは畳めるので水いれや水くみ用。こちらはスポーツドリンクなどや丈夫なのでカロリーメイトなどのボロボロしやすいものを入れておくのに重宝します。

塗装はおちますがボトルにぜんぜんひびが入らないのでかなりこのボトル丈夫ですw

f:id:g_function:20140216221831j:plain

蓋は太口と細口の二種類がありだいたい見るのは太口が多いです。太口だと水が蓋をしても漏れるなんてこともないので太口が多いのは当たり前といえば当たり前ですね。細口は飲みやすさ位しか利点がないですし。ただ驚いたことにパッキンがないのに漏れないのです。なのでパッキンを外して洗う必要もないです。さらにパッキンが臭くなることもないので夏とかでもガンガン使えます。

 

ザックの中ではスペースをとりますが固いボトルということで少し安心感があります。

 

ハイマウント  | NALGENEハイマウント | NALGENE

 いまナルゲンボトルのもとのハイマウントさんで新ボトルが当たるフォトコンクールが開催されているので応募してきました。

 

f:id:g_function:20140216224630j:plain

 装備などをならべてこんなのにしました。