読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BA型の入門機 Sony XBA-C10 イヤホンレビュー

G_siemens イヤホン レビュー

 今回は壊れてしまったUE200の代わりとして買ったSony XBA-C10のレビューをしたいと思います。

箱と内容物

 箱はこんな感じです。今回はグリーンにしました。

image

 割とシンプルです。

 イヤホン本体はこんな感じ。

image

 ちなみにケーブルもグリーンです。本体右側の三角形のようなものが「デルタ形状フィッティングアシスト構造」というもので、耳の中でのフィット感が増すような設計になっているそうです。

image

  付属品はイヤーピース(S,M,L)、ケーブルアジャスター、クリップです。ちなみにケーブルアジャスターを使うとこんな感じになります。

image

  真ん中のSONYロゴがなかなかかっこいいです。

音の傾向・使用感など

 (あくまでもG_siemens個人の感想です。購入する前には試聴をすることをお勧めします。また、これからの試聴に使用する楽曲はfripSideのSister's noiseです。)

高音:さすがBA型。いい感じに出ています。

中音:しっかりと出ています。ボーカルとの調和がとれていて聞いていて非常に心地よいです。

低音:弱いです。低音に期待している人は買わないほうがいいと思います。この前レビューしたATH-IM50のほうが出ています。

タッチノイズ:とても酷く入ります。これは対策が必要です。

フィット感:デルタ機構のお陰でかなり良いです。

遮音性:フィットしているので遮音性は抜群です。

 

総合的な感想:前に使っていたUE200と良くも悪くも似ています。中高音はバランスがとれていて心地よいですが、低音が弱いので、どうしても低音を含めると、ATH-IM50のほうがバランスがとれています。また、タッチノイズがかなり酷く入ります。これはアジャスターやクリップ等を使って適宜調整する必要があると思いました。

まとめ

 XBA-C10はこのような人におすすめです。

・中高音のバランスがとれているイヤホンがほしい人

・フィット感を重視している人

 外出時に使うイヤホンとしてはかなり優秀だと思いますが、静かな室内で使うのには、ちょっと低音が弱いとは思います。ただ、外からの雑音が入るときは、中高音に優れているイヤホンが力を発揮するので、そういった環境で使う人にオススメしたいです。

SONY 密閉型インナーイヤーレシーバー ブラック XBA-C10/B

SONY 密閉型インナーイヤーレシーバー ブラック XBA-C10/B

 

 (執筆:G_siemens