読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつも使ってるボールペンの話(カランダッシュ849レビュー)

G_funcution レビュー 文房具 ボールペン

今季最後の書生の危機が終わったので無事これで更新を再開します。(遠まわしでくどい)つまるところテストが終わりました。成績まで終わってないことを祈る限りです。

更新を休んでいる間にカクノの新色が発売されたり。(あれは灰色がおしゃれですね。)

パイロット 万年筆 カクノ グレー 中字(M) FKA-1SR-GYM

パイロット 万年筆 カクノ グレー 中字(M) FKA-1SR-GYM

 

あと伯爵の万年筆が誤特定で売り切れる事件など(9万ですよ9万)ありましたが面白そうなニュースを見ないので今回は普通にレビューです。

ざっくり要約

  • 市場価格2000円で買えるスイスメイド
  • 細かいところにこだわりが感じられる
  • やっぱり書き易いゴリアット芯

f:id:g_function:20140301221130j:plain

カランダッシュの849です。この柄は限定品のアイコンです。(何かのアイコンというわけではなくメールとか電話とかのアイコンがいっぱい書いてある)

849シリーズは色の展開が多く限定品やコラボモデルもちょくちょくでるのでファンの人もいるみたいです。

ただ市場価格2000円前後でスイス製のボールペンが買えるのはなかなか魅力的ではないかと思います。スイス製の時計なんて一生買わないかもしれないですし。

 

 

 

 

f:id:g_function:20140301221131j:plain

 

構造は至ってシンプルでノック部分を外すと中からリフィールが出てくるのみです。ばねが落ちてこないのは評価ができる点だと思います。またノックした時にスッと芯が出てくるのに高級感を感じます。100円ボールペンにありがちなカチカチといったノック音を鳴らさずに済みます。このあたりに細かいこだわりを感じます。

 

 

f:id:g_function:20140301221133j:plain

ブランドロゴはわざわざクリップの裏に書かれていて見えにくいです。ここも気配りなんでしょうか?よく分からないですねえ、、、

f:id:g_function:20140301221127j:plain

芯は形はパーカータイプそしてかの有名なゴリアット芯ですよ。芯だけで一本1千円位しますw

そう考えると替え芯だけで100円ボールペンが10本買えるのでどう見てもそちらの方がコスパは良さそうですね。。ただ胸に指しているペンが100円ボールペンじゃみっともないじゃないですか!(熱弁)やっぱり見た目はペンから、、(だいぶ違う)自分くらいの年齢でホワイトスターを胸に指している人がいたら別の意味でモテそうですw

 

カランダッシュのゴリアット芯はインク軌道が5本あり、細分化してボールに送れるため、油性ボールペンにも関わらずインク溜りが起こりにくい特徴を持っています。

非常に滑らかな書き心地を味わうことができます849ボールペン | 伊東屋オンラインストアより引用

というわけでこのボールペン書き易いのです。ジェットストリームとかの低粘度系とは作りが違う書き易さです。

f:id:g_function:20140301221128j:plain

 

 筆跡から分かる通りジェットストリームは低粘度でさらさらと書いていますが、ゴリアットはしっかりとボールを回すような感じで書いています。なんでしょうか力を入れて安定してずっと書いていられると言った感じでしょうか。違う次元の書き易さです。胸に一本さしていると中々かっこいい感じがします。