レトロな雰囲気漂う流鉄流山線(2014春の東京旅行 その2)

 前回の続きです。1日目の午後になります。

とりあえず流鉄に乗ってみた

 秋葉原についた後、昼飯を食べて、山手線に乗ります。日暮里で降りて常磐線に乗り換えます。E531系でした。松戸まで乗って、松戸で常磐線各駅停車に乗り換えます。2駅で流鉄流山線との乗換駅、馬橋に到着しました。

 改札を出て、流鉄ののりばへと向かいます。

image

 (馬橋駅:iPhone5

 馬橋駅の流鉄流山線ホームに着きました。ホーロー板の駅名標がなかなかいい感じです。

image

 (流鉄馬橋駅:iPhone5

 ホームに降り、切符を買っていると、電車が入線してきました。

CIMG1327

CIMG1328

(流鉄馬橋駅:EX-ZR300)

  西武新101系改造車の流鉄5000形です。どうやら一番新しい改造車「なのはな号」だそうです。車内はロングシートです。柔らかいシートでした。

 流鉄流山線はたった6駅、約10分の路線です。沿線は住宅地です。車内はレトロな雰囲気が漂います。とても千葉の路線だとは思えません。

 あっという間に流山駅に到着しました。この駅には車両基地も併設されていて、車両が何本か留置されています。

CIMG1330

CIMG1331

CIMG1329

  3本も停まっていました。1日でこんなに撮れるとは驚きです。改札内で写真をずっと撮っていると、駅員さんに睨まれました(汗) とりあえず改札を出ました。

 駅舎はこんな感じです。

CIMG1333

 

 レトロな雰囲気、漂いまくっています。流鉄流山線が好きになりました。

 この後、つくばエクスプレス線の流山セントラルパーク駅に向かうことにしました。歩いて20分弱でしたが、歩いている道が生活感漂う道でした。住宅街の中を歩きました。(井戸端会議していた奥さんたちにちょっと睨まれました…)つくばエクスプレス線の運賃が高くて驚きました。

 とりあえずつくばエクスプレス線に乗って秋葉原に向かいました。そして電気街で色々見た後、上野駅に向かいました。

(その3へ続く)

(執筆:G_siemens

※注釈のない写真はEX-ZR300で撮影。すべての写真はクリックすると大きな写真を見られます。