読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鶴見線に乗ってみました。(2014春の東京旅行 その5)

 前回の続きです。2日目は鶴見線に乗ることにしました。京浜東北線鶴見駅に到着し、そのまま乗り換え改札に行ってSuicaをタッチさせて鶴見線ホームに入りました。

 暫く待っていると、弁天橋ゆきが入線してきました。私はこれには乗りません。

image

 (鶴見駅:iPhone5

 

 弁天橋行きが発車した後、また暫く待っていると、今度は海芝浦行きが入線してきました。今回は海芝浦駅を訪れてみようと思います。

隣は海!海芝浦駅に行ってみた。

 海芝浦行きの列車が発車しました。まずは国道駅に止まりました。なかなか変わった名前ですね。そして列車は鶴見小野弁天橋と止まり、浅野駅進入時に大きくカーブして海芝浦支線の浅野駅に到着しました。鶴見線本線のホームからは少し離れています。そしてここから海芝浦支線。列車は海沿いを走ります。新芝浦駅で半分くらいのお客さんが降りました。そして列車はついに海芝浦駅に到着しました。周りには工場と海しかありませんでした。

CIMG1427

 (海芝浦駅:EX-ZR300)

 

 海芝浦駅は変わった駅です。この駅、改札の外に出られません。実はというと、改札の外が東芝の工場なので、改札を出るためには東芝の社員証が必要です。(切符を買うときは守衛さんに許可をもらってから改札の外の券売機で買うそうです。)ただし、Suica簡易改札機がホームに設置してあるので、Suicaを持っていれば一応は出場ができます。

 また、駅には「海芝公園」という公園が併設されていて、海を眺めることができます。こちらは改札を出ずに使えます。

 海芝公園から撮った写真です。

CIMG1429

 (海芝公園:EX-ZR300)

CIMG1430

 (海芝公園:EX-ZR300)

 ホームからもいろんな写真が撮れます。

CIMG1434

 (海芝浦駅:EX-ZR300)

image

 (海芝浦駅:iPhone5

image

 (海芝浦駅:iPhone5

 こんな感じに、たくさん写真が撮れました。割と居て楽しかったです。海が入るとなかなかいい写真が撮れます。

 海芝浦駅での撮影を終えた後、折り返しの電車に乗って鶴見駅へと向かいました。その後、京浜東北線で蒲田に行き、「あるもの」を買いました。

(その6に続く)

(執筆:G_siemens