mac mini(Late 2012)にWindows8.1をインストールして色々ベンチマークをしてみた

 ふぁんくしょん氏が自作PCを作られたそうですが、私G_siemensmac mini(Late 2012)のCore i7 2.3GHzモデル(通称竹モデル)を所有しています。このたび、Windows8.1を導入しましたので、ベンチマークをしてみて、彼の組んだPCに勝てるかどうか試してみようと思います。(導入編は後日書きます)

最初にmac miniのスペック紹介

 最初に私のmac miniのスペック紹介です。

CPU:Intel core i7-3615QM 2.3GHz 4コア

メモリ:4GB*2 DDR3-1333(購入後に2GB*2から交換)

HDD:1TB

グラフィック:Intel HD Graphics 4000(プロセッサ内蔵)

 こんな感じです。ふぁんくしょん氏のマシンにはグラフィックボードが付いているので、グラフィック関連で負けそうな予感です。

実際に測定してみた

 まずはWindows エクスペリエンスインデックスからです。Win score shareで測定しました。

winscoreshare

 

ふぁんくしょん氏の結果はこちら↓

f:id:g_function:20140330155411j:plain

 

 比較していきましょう。

プロセッサ:引き分けです。まさか引き分けだとは思わなかったorz

メモリ:引き分けです。ここは納得。

グラフィックス:負けています。やはりグラボがあるとないとでは全然違う…

ゲーム用グラフィックス:ここも完全に負けています。

プライマリディスク:引き分け。ここも納得。

総合:明らかにグラフィックが足を引っ張っています。ふぁんくしょん氏のPCはプライマリディスクがSSDなら恐ろしいPCになりそうです。

 

 次にドラゴンクエストXベンチマークソフトの結果です。

dqx

 

ふぁんくしょん氏の結果はこちら↓

f:id:g_function:20140330155158j:plain

 2倍近く差をつけられています。(設定は同じ)mac miniのグラフィックの弱さが露呈しています。

 

 最後にFF14のベンチマーク結果です。

FF14-1

 

ふぁんくしょんの結果はこちら↓

f:id:g_function:20140330160639p:plain

 えっ、Mac mini(Late 2012)のグラフィック、酷すぎる…

 なんということでしょう。約5.8倍もの差をつけられました。これはもう泣くしかないです…

 品質を少し落として再チャレンジしてみました。結果はこちら。

FF14-2

 まだ低いですね…。さらに品質を下げました。結果はこちら。

FF14-3

  一応動く程度のレベルにはなりました。やはりグラフィックは大切ですね。

まとめ

Mac mini(Late 2012)ではゲームを十分に楽しめない。

・グラフィックボードって大切。

 グラフィック性能があまりよろしくないMac miniでしたが、普通にニコニコ動画Youtubeなどで動画を見る分には全く問題はありません。(私はゲームが趣味な人間ではないので別にいいです)そんな方には割とオススメです。ゲームをされる方はBTOのゲーミングPCや自作のほうが満足できると思います。

 ということでMac mini(Late 2012)の各種ベンチマーク結果でした。

(執筆:G_siemens