読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もっさりスマホ「ISW11F」を2999円で買ってきた。(その1)

 3月に秋葉原に行った時に、PCNETという店でISW11Fが2999円で売っていたので思わず買ってしまいました。

 暫く使ってみたのでレビューしてみようと思います。

まずは簡単にスペックの紹介

OS:Android4.0.3(購入時は2.3.5)

CPU:Texas Instruments OMAP4430 デュアルコア 1.2GHz

RAM:1GB

ROM:8GB

ディスプレイ:4.3インチTFT液晶

メインカメラ:1310万画素

防水・防塵対応(ただし購入した端末は防水キャップが破損しているため実質非対応)

 こんな感じです。スペックだけ見るとそこまで悪くはない、昔のスマホって感じですが、色々な理由で評価はとても酷いです。

とりあえず触ってみた

 まずはAndroid4.0.3へのアップデートをしました。このアップデートをすると挙動が安定すると聞いていたからです。

image image

  アップデートの時の画面がちょっと怖いと感じるのは私だけでしょうか。こういう画面を見るとスマホもコンピュータだと認識させられます。

Screenshot_2014-04-12-23-31-17

 こんな感じに、アップデートされました。

 アップデートした後に色々と触ってみましたが、とにかく重い!!

動作がもっさりしています。また、使っていると発熱します。これらの問題を改善するために、まずはランチャーを変えてみました。

 今回入れたランチャーは、Zeam Launcherです。このランチャーは、メモリ使用量が少なく、割と軽快に動作するランチャーです。その代わり、見た目は他のランチャーに劣ります。私が持っている端末では、SO-03Dにも導入していて、このランチャーを入れたら動作がサクサクになりました。

 とりあえず導入すると、多少は動きが軽くなりました。しかしまだもっさりとしています。まだまだ努力が必要なようです。

 

 次回はカメラについて取り上げようと思います。

(続く)

(執筆:G_siemens