Windowsを持ち歩きたい話。1

スマホじゃ足りない。

出かけているときにそう思ったことはないでしょうか?

確かに性能は向上し、少し前のセロリンよりも仕事をこなすんじゃないかというところまで来ていると感じることもあります。

 

ですが、根本的に用途が違うので限界があります。とくに画像編集や動画編集などの、微妙などの作業はスマホサイズの画面では厳しいといったハード的な問題に、十分な編集ソフトがそろっていないといった、ソフト的な問題が重なり厳しいところがあります。

そこでやはりWindowsが手元ですぐに使えると頼もしいわけです。

そこで今回はwindowsを使う方法を考えてみます。

 

遠隔操作

 

パソコンの遠隔操作ウイルスを使った犯罪が有名になったので負の部分を見がちかもしれませんが、ものは使いようです。

Windows純正のリモート機能やTeam viewerなんかを使えば比較的簡単に操作することができます。

f:id:g_function:20140417230401p:plain

最近登場した

Chrome リモート デスクトップなんてのもその一種ですね。

これらのいいところは、

  • 一台のパソコンを複数の場所で操作できる。
  • ソフトによっては操作する側はWindowsでなくてもよい
  • 作業している場所は比較的静か

があげられます。

んまあ逆に

  • 4~5インチクラスのスマホだと操作しにくい
  • 回線状況によってはFPSが20を切るときもあるので、ゲームなどは軽いものでないとできない。

といった点もあげることができるので、動画編集などにはあまり向かないですし、スマホtoデスクトップだと軽い事務作業や、ファイルの転送くらいが限度じゃないかと思います。

モバイルでかつ導入費0でWindowsを使うための応急措置みたいな感じです。

 

このあとの続きは次回で!

タブレットとか書きます。