読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

超小型PCのLIVAを使ってスタバでドヤ顔をする計画を立てる話

G_funcution 物欲

ecsから4月に小型パソコンキットのLIVAが発売されます。引用できそうな画像を見つけられなかったので残念ですが相当小さいです。ファンレスで片手で持てます。

ず大きさは横116mm奥行70mm高さ56mmと非常にコンパクトです。ぶっちゃけ今の筆箱のほうが大きいですw

 

超低電圧なIntelのBay-trail-MのCeleron N2806を搭載しています。
メモリは2GBでストレージは32GBのeMMCです。osは搭載されていませんがwindows7/8をサポートし、ubuntuもサポートする予定だそうです。

詳しいスペックは以下より参照できます。

http://www.ecs.com.tw/LIVA/spec.html 

 

無線LANBluetoothを搭載していてケーブルなしでも運用できそうです。
USBも3.0と2.0のポートをそれぞれ1つ備えているので、アダプターなしで今までのマウスなどを使用できます。
ここまではいままでのNUCや小型PCキットとそこまで変わりません。

モバイルバッテリーで動作可能

メーカーの保証外だそうですが2.1A以上の出力があるモバイルバッテリーで動作が可能だそうです。(ケーブルやバッテリーによっては動作しないものもあったそうなので注意が必要です。)
なのでデスクトップながらモバイルとして運用が可能です。また専用のACアダプターでなくてもスマホの充電器やusb変換アダプタとケーブルを組み合わせても運用できそうです。

そこで今回はどんな構成でモバイル運用(新しいスタバでのドヤ顔の形)をするか考えてみたいと思います。

構成案

本体
これ
nuc以下のサイズでモバイル運用の夢が膨らみます。 
バッテリー

 

 


2.1A以上の出力で動作するらしいですが念のため3Aまで出力できるのをチョイスします。
ディスプレイを考えると二つくらいあった方がいいかもしれません。
ディスプレイ
モバイルということで外部電源なしかUSBのものを選択します。

 

 

レノボ・ジャパン ThinkVision LT1421 Wide モニター 1452DB6

レノボ・ジャパン ThinkVision LT1421 Wide モニター 1452DB6

 

 

 


解像度を落とせばもっとやすいのもありますが、一般的なノートと同じ解像度でバスパワー駆動なのを選びました。あまりにも低いとwindouwsも快適に動作できないですし
USB接続なので、メインモニターとして使うにはもう一枚モニターをさして設定してからじゃないとできなさそうです。

キーボード マウス
ポートがモニターで埋まるのでBluetooth接続のものにします。このあたりは手持ちのか好みで良さそうです。

 

あとまあ全部入りですが、あくまでもキットなのでOSも買うかリナックスあたりを自分で入れる必要があります。

結果的にもし全部買うとしたらこの組み合わせだと5万くらいかかるかかると予想されます。

そうなるとwindowsタブレットと代替値段が同じになってしまい購入価値が微妙ですがイロモノ感に惹かれます。

キーボードとか買わなくていいものもあるのでもう少し安くなりそうですし。

うーん迷います。