読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

iPod nano (1st generation) 交換プログラムを利用した話。

それは突然の出来事だった。


家にかなり古いiPod nano がありました。当然タッチパネル搭載なんかではなくホイールを動かして操作するタイプのものです。

f:id:g_function:20140705220017j:plain


自作して以来iTunesも入れていなかったんですが、久々にこれを使ってみようとwindowsではとてつもなく重いアレを入れることにしました。
以前はガクガクでひどいものでしたがPassmarkのスコアがおよそ15倍くらいになっただけあって普通にソフトは快適に動きました。
正常にソフトが起動したのでiPodを接続します。
これも今はLightningケーブルに取って代わられたドックケーブルでつなぎます。
そうすると今まで見たことがない警告が出てきました。1~2年前まではPCに接続していたので初めて見る警告です。
なんなのかと思い調べてみるとこういうことらしいです。

Apple - サポート - iPod nano 交換プログラム

 

ざっくり要約するとIPod本体のバッテリーに問題があるので無料で交換するよーという話みたいです。
交換するとこのモデルではなく第6世代か第7世代のものになってしまうみたいですが、そこまでの愛着もなかったので交換することにしました。


ちなみにこの第1世代のnano以外にも写真のようにiPod miniだと思われるのも持っています。これは交換の対象では無いようです。
次はアップルに交換を申請します。この時Apple IDが必要です。
iOS端末を持っていないためで今回初めて作ることになりました。

f:id:g_function:20140811200839p:plain


このあとはログインをして回収先の住所やiPodのシリアルナンバーなどを打ち込みます。

f:id:g_function:20140811200840p:plain


翌日の夕方に自分の場合はヤマトの人が回収に訪れました。

前日の深夜に申し込みをしていたので早くてびっくりです。

回収はとても簡単でiPodを手渡すだけでした。電源がOFFにできず若干混乱しましたが大きなトラブルはありませんでした。

f:id:g_function:20140811200842p:plain


翌々日にAppleから荷物を受領した旨を伝えるメールが届きました。修理を開始すると記載がありましたが実際は交換しかしないようです。

 

 

f:id:g_function:20140811201243p:plain


翌日には交換品発送と追跡番号の書かれたメールが届きました。

f:id:g_function:20140710220807j:plain

f:id:g_function:20140710220940j:plain

 

Apple iPod nano 16GB シルバー MD480J/A <第7世代>

Apple iPod nano 16GB シルバー MD480J/A <第7世代>

 

 


そのまた翌日には実際に手元に交換品が届きました。中身はいたってシンプルです。
第七世代のiPod nano本体とドックケーブルをLightning端子に変換するもの、あとは90日の保証の旨が書かれたプリントが1枚入っていました。
イヤホンとかが入っているのを少しばかり期待しましたがさすがにそれはありませんでした。


無事?無料でiPodがアップグレードされたわけですが、今ひとつ用途がありません。携帯型の音楽プレイヤーとしてはwalkmanをもっていますので今後の使いドコロに迷います。