読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

JRの夜行バスに乗ってみた(大阪〜東京 ドリーム号乗車記)

G_siemens

 75日間記事をアップしていませんでした。お久しぶりです。

 先日、大阪〜東京間の移動に夜行バスを使いました。いくつかの会社がこの区間の夜行バスを運行していますが、JRバスが一番コスパがいいのかなと思い、JRバスの夜行バスを使うことにしました。

 予約は高速バスネットを使いました。スマホから予約をしましたが、ガラケーのブラウザ用に作ってあるらしく、使い勝手はあまり良くありませんでした。予約システムは改善してもらいたいところです。

 今回はドリーム328号に乗りました。本当はプレミアムドリーム12号利用する予定だったのですが、払込期限のことを完全に忘れていて、払い込もうと思った時には予約した座席がキャンセルされていました。またドリーム号の方がほんの少しだけ安いので、予約がキャンセルされたついでに、ランクをひとつ下げ、ドリーム号に乗ることにしました。

 普段、大阪駅JR高速BT始発のドリーム号の設定は無いのですが、乗車した日は夏休み期間でしたので、臨時便として、このドリーム328号が設定されていました。

image

  ドリーム328号は、大阪駅JR高速BTを22時50分に発車します。駅前のヨドバシカメラは22時に、駅の中にあるカフェは22時半に閉店してしまうので、乗車前は結構暇でした。

 22時40分に、この2番のりばから東京行きのプレミアムエコレディースドリーム526号(便名長っ)が発車した後、8番のりばあたりで待機していたドリーム328号が入線してきました。

image

 

(画像は東京駅到着後撮影。)

 JRバス関東の車両です。車番はD674-03512、三菱の平成15年製の車両のようです。 22時50分、定時に大阪駅を出発しました。出発してから暫くは一般道を走ります。やはり2階建てバスなので揺れます。一般道区間で若干酔いました…

 名神高速に入ると、バスは安定した走りで、定刻よりも早く京都駅に到着しました。京都駅で若干時間調整をした後、客を数人乗せ、再び走り始めました。この日は新名神高速が工事の影響で渋滞が予測されるため、名神高速経由で走行することになりました。なので、休憩は土山SAから多賀SAに変更になりました。

 京都駅を発車して、名神高速に入った後、眠気が襲ってきたので寝ることにしました。再び起きたのは足柄SAの手前でした。

 足柄SAでバスを降りると、風が強くて寒かったです。売店で温かい飲み物を買ってバスに戻りました。(バスの車内も冷房が効いていて少し寒かったです。ですが毛布があったので割と快適に過ごせました。)

 足柄SAを発車した後、降車扱いをする東名江田BS、東名向ヶ丘BSに停まりましたがどちらも降車が無いので停まってすぐに発車しました。

 東名高速から首都高渋谷線に入りましたが、渋滞はなくスムーズに進んでいきました。

 高速を降り、霞ヶ関でも停まりましたが降車はありませんでした。霞ヶ関を出ると10分ほどで東京駅日本橋口に到着しました。この便は新木場行きでしたが、ここで殆どの人が降りました。私もここで降りました。

 今回夜行バスドリーム号を使ってみて、夜行バスも悪くはないなと思いました。座席も疲れるような座席ではないですし、料金もそんなに高くは無いので、東京〜大阪の移動の選択肢のひとつとして十分考えられるものだと思いました。

 

 以上、JR高速バス ドリーム号の乗車記でした。

(執筆:G_siemens