読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【速報】ソニーEマウント最新機種のα6300が海外発表。映像性能に関して紹介します。

ソニーAPS-Cセンサーの新機種a6300が海外で正式発表されました。ソニーの海外サイトではスペックシートが公開されているので紹介します。

 

www.sony.net

 

いろいろなサイトでこういった速報が流れると思うのでここではNex5nを動画メインで使っている私が動画関係でスペック関係で気に入ったところなどを書きたいと思います。

まず今回のa6300で4Kの内部収録に対応しました。30pまでの収録なのでGH4などと比べると今更感がありますが、それでもEマウントのAPS-Cサイズ一眼では初なのでユーザーとして嬉しいです。センサーからの読み出しもセンサースキップなしのSuper35mmでの全画素読み出しなので画質も期待できそうです。

ハイスピード撮影も120fpsまで対応なのでRX10 2などより最大フレームは劣りますが結局RX10でも120fpsくらいが使える画質だったりするので十分では無いでしょうか。

Youtubeにハイスピードと4Kのオフィシャルのサンプルがあったので紹介します。


α6300 -Ultimate resolution 4K movie in Super 35mm | α | Sony

youtu.be

 

4kサンプルの40秒位からのiso3200で撮影されている映像もノイズが少なそうで期待できそうです。また発売されてから購入した人のアップするサンプルも見てから高感度は判断したいです。

ピクチャープロファイルもS-Logに対応したのでカラーコレクションもやりやすくなりそうです。

 

音声収録関係も向上しました。APS-CサイズのEマウント一眼ではNEX7のみの搭載だった。マイク端子が復活しました。NEXシリーズは内蔵マイクの性能が良いので適当に録画ボタンを押すだけで綺麗な音と映像が一緒に撮れてしまうのですが、ガンマイクでピンポイントで狙ったりPAから音をもらったりできるようになるので嬉しいです。

またXLR端子搭載のアダプターXLRK2mにも対応しました。

 

ソニー XLRアダプターキット「XLR-K2M」 XLR-K2M
 

 

これもAPS-CサイズのEマウント一眼では初の対応です。なかなか高くて手が出しにくいですが動画メインでやるならa7s買う代わりにa6300とこれを買うのも選択肢として有りかもしれません。

 

今までのEマウントの不満が一気に解消されてかなりほしい機種になりました。あとは熱暴走がどうなるのか次第ですが自分の用途だと1時間位連続稼働できるなら十分買いたいと思いました。

最後に値段ですが海外通販サイトのB&Hで

a6300 | B&H Photo Video

本体のみで998ドルレンズキットが1148ドルになっています。現行価格だとα6000二台でα6300一台くらいの値段の開きがあります。またα6000より発売時の値段が少し高めになっています。AFポイントの大幅向上など他にもいろいろ良くなった点があるので、日本での発表を待って、確認したいです。

フルサイズでないとマイク入力が無いNEXシリーズが嫌になってきてGH4に乗り換えようと思っていましたがこれはいいですね。同時に動画用にも強化されたGレンズの上のGマスターレンズシリーズも発表され新70-200 F2.8やテレコンなどステージを狙う自分には魅力的なレンズが出てきました。(当面買えそうに無いですが。)

 

発売日は先程のB&Hでは2月10日となっています。日本発表が楽しみです。

 

 (上記リンクはアマゾンアソシエイトリンクを使用しています)