Shure SE215を3ヶ月使用したのでレビューします。

こんばんは。ふぁんくしょんです。今日はSHUREのイヤホンSE215を購入してから3ヶ月たったので使った感想などを紹介したいと思います。

f:id:g_function:20100107213536j:plain

購入したのはSE215のクリアタイプです。アジア限定版ではありません。

SE315とくらべてイヤホン本体のブランド刻印が印刷だったりドライバがダイナミック型だったりと上位モデルと比較して物足りないところはありますが、1万円台のイヤホンとしてはいい選択肢の一つだと思います。

私はここでレビューさせていただいたようにEtymotic ResearchMC5を使っていたのですが1年ほど使用したところで筐体が割れて使えなくなってしまいました。

(一時期はテープで筐体を固定して使い続けたのですが流石にきつくなったので諦めてしまいました。)

 

g-function.hatenablog.com

g-function.hatenablog.com

 気に入っていたのでまた同じのを購入しても良かったですがまた一年くらいで壊れると分かって買うのも嫌だったので違うモデルを購入することにしました。

遮音性目当てでMC5を購入したので、今度も遮音性の高いモデルにしようとSHUREのSEシリーズに目をつけました。

予算は1万円ほどなので購入候補は新品のSE215かSE315の中古のどちらかでした。あとSE112もありますが、リケーブルができないのでSHURE以外の選択肢もあるだろうということで候補から外しました。

1年で前回のイヤホンが壊れてしまったので中古でまたすぐ壊れてしまうのもいやだったので今回は新品のSE215を選択しました。

購入から3ヶ月ほどたったので箱などはなくなってしまいましたが、付属品を紹介します。

f:id:g_function:20100107213603j:plain

ポーチです。MC5よりしっかりした作りです。カラビナがついていましたがカバンに入れていた時に壊れてしまいました。。

中にはイヤーピースをいれることができる仕切りがあります。

f:id:g_function:20100107213717j:plain

イヤーピースはシリコンタイプとコンプライみたいな柔らか目のが3サイズずつ入っています。いろいろ試してみましたが柔らか目の標準サイズ(はじめからイヤホンに取り付けられていたもの)を使用しています。イヤーピースも取り外す時に少々力が必要でイヤーピースを引きちぎりそうで怖い時があります。

 また今使ってる範囲だとコンプライより濡れに強いみたいでお風呂から上がって少し経って付けるくらいならOKな感じがします。(あくまでも自分の感想なのでもしかしたら縮むかもしれないのでお気をつけ下さい。)

f:id:g_function:20100107213756j:plain

リケーブル対応なのでこんな感じで外れます。ちょっとこれも外す時が怖い。。

ケーブルはイヤホンにしては固めで巻いても若干クセが残ります。八の字巻を収納時にはして断線には気を付けたいです。

 耳に触れるケーブルの部分は硬めになっていて位置を固定できるようになっています。ちょっと個人的には硬すぎて扱いにくいです。。

 

【国内正規品】SHURE カナル型 高遮音性イヤホン SE215 クリアー SE215-CL-J

【国内正規品】SHURE カナル型 高遮音性イヤホン SE215 クリアー SE215-CL-J

 

 1万円台にしては質感などは良く、いわゆるシュアがけができ遮音性は高いので買ってよかったと思っています。音質も動画編集時にモニターする分には必要な音は聞こえてくるので、あとで完成した動画をスピーカーで再生してがっかりな音ということは無かったです。(収録段階で既にがっかりな音ということはありましたが。。)

 

気軽に使う分には意外とこのSHURE掛けが面倒なことが有ります。自分はそうはならないだろうと他の人のレビューを読んでも思っていた、SE112の方が気軽に使うには良いというのが買ってから分かった気がします。

 

 耳にさしての疲れなさは圧倒的で以前のMC5は2時間持ちませんでしたが、このSE215では数時間ぶっ通しでつけていても余裕です。たぶんこの辺りはイヤホンの形とSHURE掛けが大きいと思います。

長時間つけるときはSE215短時間の移動の時は112なんて組み合わせで使うのが理想かなーと思います。