少し気になったyoutubeとインターネットの国境の話

今日のきっかけはここから

エド・シーラン、“Castle On The Hill”の日本語字幕付きミュージック・ビデオが公開に | NME Japan

確かヤフーのトップにこのニュースがあってそれを見たと思うのですが、見つからなかったので元記事のリンクです。

 

別に大したニュースでもなんでもないと思います。Ed sheeranの新曲の日本語字幕付きMVが出たよーっていうそういうお知らせです。ついでに言えばこれは訪日のためのプロモーションの一環みたいですね。

 

その動画はこれです。

www.youtube.comj

面白いことにこの動画って本人名義のチャンネルではなくて、ワーナーミュージックジャパンのチャンネルにアップロードされてること。ほかの洋楽も日本語字幕版はそうみたいです。

ちなみに本家の動画はこちら

www.youtube.comこ

こちらの動画には当然字幕なんかありません。あと英語版にはリリックビデオというか歌詞ビデオもあります。

youtubeには字幕機能があるので、べつに字幕版を作らなくてもそれでいいのでは?と思い記事にしました。TEDとかそうです。多言語対応はめちゃくちゃ進んでて英語をベースにほかの言語も学べそうな勢いの字幕数です。

他で使う用途があるとかで日本語版を用意した理由はわからなくもないですし、ワーナーミュージックジャパンのチャンネルに挙げたのも理解できない訳ではないです。

ただ正確な理由とかあるなら知りたいと思い記事にしました。

少し無理やりな論理かもしれないですが、住んでる場所でインターネットって分断されてる所が最近出てきた気がします。この例みたいに全部ユニバーサルなチャンネルに挙げるのではなくて日本語は日本語って分けるのもその一つだと思います。

また最近驚いたのは米国大統領選のあとにHBOのLast week tonightを見ようとしたらGeoBlockにかかって米国からじゃないと動画が見えない設定になっていたことです。米国のテレビ局は日本と違いチャンネル契約者を増やさないと意味がないので、お客さんになれない人に動画は見せないよ!ってことでしょうか。この件はFacebookでもコメント欄が燃えてました。

そんなこと言ってたらこのブロックは解除されてました。

www.youtube.comこの日だけほとんどフルバージョンだったからそういうのもあるのかな。。

インターネットがあってもみんなが同じ検索をしたら同じ情報にたどり着くというのは意外と難しい時代なのかも?しれません。